こんな「NHK放送博物館」でした。【チコちゃんグッズ購入編】

色々と体験できた「NHK放送博物館」の訪問記も、今回で完結です。


以前、なぜチコちゃんは人気があるのか?」についての考察(という名の駄文)を書かせていただいたことからも分かる通り、現在私はかなりチコちゃんにハマっております。(50代前半・男性)

で、SNS情報によると、今月14日から発売が開始された各種チコちゃんグッズはどこも品切れらしく、残念ではありますが、少しほとぼりが冷めてからどこか近くのショップを覗きに行こうと決めておりました。

よって、先日NHKの重要関連施設である放送博物館を訪れた際にも、1階受付の奥にあるミュージアムショップを念のためチェックしてみようという発想には、全く至りませんでした。
(そもそも「放送博物館のショップで取り扱っている可能性」を最初から除外していたんだと思います。我ながら不思議です。 w)


ところが、です。

館内展示コースを見て回り、8KシアターPerfumeのスペシャルライブ上映を堪能し終え、1階ロビーまで戻った時のこと。

受付に、日頃から出入りしていて受付嬢とはすっかり顔なじみになっていると思しき宅配業者のお兄さんがいらっしゃって、配達がてらに受付嬢とこんな会話を始めたのです。

お兄さん:「あ、奥のショップに、チコちゃんグッズあるんですねー。(^o^)」

受付嬢:「あ、そうなんですよ。ウフフ。(๑・̑◡・̑๑)」

お兄さん:「(チコちゃんグッズと受付嬢のどちらに対してなのか謎ではありましたが、とにかく興味津々な様子で)へぇ〜。(*´ー`*)」

受付嬢:「オホホ。(*^o^*)」

お兄さん:「売れてますか、やっぱり?(╹◡╹)」

受付嬢:「えぇ、スゴいですよ。٩(^‿^)۶」

お兄さん:「ムフッ。( ^∀^)」

受付嬢:「キャハッ。♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪」


そのやり取りを聞いたおかげで、私の意識下に沈んでいた「チコちゃんグッズ」の記憶が猛烈に覚醒させられてしまったのは、言うまでもありません。

で、入館時にはガン無視したミュージアムショップに突進してみたら、こんな有様だったのです。

NHK放送博物館のミュージアムショップ、チコちゃんグッズコーナー
おぉ、「チコちゃん」さん!
品揃えは少なくなってはいるものの、絶賛発売中でした。
NHK放送博物館のミュージアムショップ、チコちゃんグッズコーナー
一部の不届き者対策なのでしょう、「1人10点まで。ネットオークションなどでの転売はお断り」という断り書きが掲示されてました。


ということで、この機会を逃しては、今度いつ買えるかなど分かったものではありませんので、必要十分なグッズを私も買わせていただきました。


これが、戦利品の全てです。

チコちゃんグッズ各種
合計4点のお買い上げ。実に抑制的なお買い物です。
背後の「チコちゃんの巨大な目玉」がちょっと不気味かも。w

まずは、「缶バッジセット ピンク」。

チコちゃん缶バッジ ピンク
750円なり(以下同様)。
下に敷いてあるのは、ショップで入れてくれるビニールの手提げ袋です。

続いて「ダイカットメモ 全身」。

チコちゃんダイカットメモ  全身
同郷のどーもくんに優しい眼差しを向けるチコちゃん。
450円。

マグカップ ちらし」の外箱。どーもくんが頭上に載せてます。

チコちゃんマグカップ ちらし 外箱
1200円。

マグカップ ちらし」の現物。
チコちゃんの顔がいくつも散らしてあるので「ちらし」なんだと思います。

チコちゃんマグカップ ちらし 現物
カップも敷物も、ダブルでカワイイですね。

カップの内側には、あの決めゼリフがしっかりとプリントされてます。

チコちゃんマグカップちらし 内側
気が利いてます。

4点目は、チコちゃんのご尊顔がドーンと描かれた「ブランケット」。

チコちゃんブランケット
これからの寒い季節に重宝しそうです。
ちょっとお高くて2,500円。

気になるサイズは、縦70cm × 横100cmです。

チコちゃんブランケットサイズ表
チコちゃん、怖いぐらいの大迫力。

ブランケットには、かわいいタグもぶら下がってました。

チコちゃんブランケット タグ
これはこれで、捨てずにとっときたいです。

以上、4点で合計4,900円、税込5,292円のお買い上げでした。

チコちゃんグッズ各種
転売など、絶対しません。
チコちゃんさんに申し訳ありませんから。


そんなこんなで、NHK放送博物館はチコちゃんグッズの購入場所としても穴場だと思います。
(平日は、かなりすいてますので、どなた様も落ち着いてお買い物をお楽しみいただけるものと存じます)