こんな「NHK放送博物館」でした。【館内展示編】

前回の「屋外編」に続き、今回は「NHK放送博物館」の内部報告です。

と言っても、展示物の多くが「撮影禁止」でしたので、かろうじて撮影OKだったコーナーの写真と公式サイトを使って見どころ(あくまで私基準ですが)をお届けします。

 

1階:ウェルカムゾーン

【玄関を入ってすぐ脇にある受付】
「ご自由にどうぞ〜」ということだったので、いくつかのパンフレットをいただきました。

NHK放送博物館でもらったパンフレット類
から、館内ガイドマップ、朝ドラ『まんぷく』パンフ、「BS-4K/8K」パンフ。

 
【放送歴史絵図】
いきなり、写真撮影NGとのこと。
数多ある朝ドラの中から『あまちゃん』のキャスト陣の似顔イラストがあったのが嬉しかったぐらいです。


【みんなに届け! ミュージアムチャンネル】
端にあるフォトブースで自分の姿を自動撮影すると、背景画像と合成された状態で大小様々なモニターに映し出されるというものです。
「全国津々浦々に情報を届ける放送」という概念を、自ら体感しながら学べます。

NHK放送博物館1階「みんなに届け! ミュージアムチャンネル」
フォトブースで自撮りする前なので、最初はNHKのロゴが表示されているだけでした。

 
ためしに撮影してみたら、50過ぎのオッサンの姿が全モニターに拡散されてしまいました。
たまたま他に誰もいませんでしたが、実に恥ずかしいです。

NHK放送博物館1階「みんなに届け! ミュージアムチャンネル」
撮影された画像は、他の見学者が撮影した画像とあわせ、その日いっぱいここでランダム表示され続けるそうです。
撮影した後になってその案内表示に気づきました。大後悔。

 
 

2階:テーマ展示ゾーン

【愛宕山8Kシアター(中2階)】
ここでBS-8Kスーパーハイビジョンの本放送が上映されていますが、回を改めます。


【放送体験スタジオ(中2階)】
ニュースキャスターごっこができます。
先客が1組いらっしゃって、キャスター席に座りながら、
「あら、ここに原稿が映るから、アナウンサーさんは手元の原稿を見ずに、ずーっとカメラの方を向いていられるのね〜」
と大盛り上がりしていました。
他に見学者がおらず、このままだと自分も「どうぞこちらへ!」と説明員の方に呼ばれてしまいそうだったので、すぐ退散。


【テレビドラマの世界】
モニターの前に立つだけで、様々なドラマの衣装を着ることができます。
もちろん、バーチャルで、です。

NHK放送博物館「テレビドラマの世界」「元禄繚乱」
大河ドラマ『元禄繚乱』なので、忠臣蔵の討ち入り装束ですね。
NHK放送博物館「テレビドラマの世界」「実物衣装」
体験モニターの横には、大河ドラマ『篤姫(だったかな?)』の撮影に使った実物衣装も。
NHK放送博物館「テレビドラマの世界」「篤姫」
腕を左右に振るだけで、衣装を切り換えられます。
自分も『篤姫』になってみました。我ながらマヌケな写真です。
NHK放送博物館「テレビドラマの世界」「あまちゃん」
潮騒のメモリーズ」ですっ!
おら、天野アキでがすっ!
じぇじぇじぇっ! おら、こんなの、イヤだっ!

 
【オリンピックの感動】
アナウンス原稿をはじめ、カラーカメラや中継技術などが展示されてました。


【NHKと音楽】
NHKのど自慢』や『紅白歌合戦』の資料など。
紅白歌合戦の分厚い台本、前回(前々回?)の舞台セットの模型が目を引きました。
優勝旗も飾ってありますが、見学時期が12月だったため、本物は渋谷のNHKに出張中で、レプリカ展示となっています。 それはそれで貴重かも。


【子供番組がいっぱい】
人形や着ぐるみが展示されてます。

NHK放送博物館「ひょっこりひょうたん島」
まずは『ひょっこりひょうたん島』がお出迎え。
私はリアルタイムで見た世代ではないので、さほど思い入れはありません。
NHK放送博物館「できるかな」「ゴン太君」
できるかな』のゴン太君です。
超なつかしい。
NHK放送博物館「できるかな」「ゴン太君」設計図
なぜか、イベント用「ゴンタ君」の設計図も展示。
やがてここに、「チコちゃん」も展示されるんでしょうね。
NHK放送博物館「にこにこぷん」
にこにこぷん』の、左からじゃじゃ丸、ぴっころ、ぽろり
本名は「袋小路じゃじゃ丸」「ふぉるてしも・ぴっころ」「ぽろり・カジリアッチIII世」だそうです。
放送当時、私は既に幼児番組を卒業していたため、実物の着ぐるみを見ても「本名って要るか?」のほうが気になって仕方ありませんでした。
NHK放送博物館「ガラピコぷ〜」
現在活躍中の『ガラピコぷ〜』の、左からムームー、ガラピコ、チョロミー。
初見キャラなので、何の思い入れもないまま撮影してきました。
ちなみに私は『とんでけブッチー』世代です。
NHK放送博物館「ピタゴラスイッチ」
そして、『ピタゴラスイッチ』のピタゴラ装置「アラトマト」
上部のモニター映像で動作中の様子を確認できますが、実物は残念ながら動かせません。

 
 

3階:ヒストリーゾーン

ラジオ放送の開始から現在にいたるまで、放送技術・放送文化がどう形成・進化してきたのか、当時の実物資料や記録映像・機材などがふんだんに展示されていますが、残念ながらほぼ全て撮影NGです。

唯一撮影できたのは、『わが家にテレビがやってきた』というコーナーでして、白黒テレビが普及し始めた1960年代の一般家庭を模したセット内に自分が入り、モニター内で当時の家族たちと共演できるという体験ゾーンです。

こんな感じのセットがあって。
「白黒テレビ側から見学者を撮影したライブ映像」と「事前収録された家族役の団らん映像」が合成され、このモニターに映し出されます。
白黒テレビを観ながら談笑する当時の家族。
その背景にはライブの映像。
お父さんと息子の間に、セットの前で見学している私が写り込んでます。
(モザイク加工したので、何が何だか分かりませんね。w)


 
さて、展示スペースも一巡したので、スーパーハイビジョン放送を大画面で鑑賞すべく、中2階の8Kシアターに向かったのですが、それはまた次回にでも。


※興味深い下記企画展も開催されていましたが、時間の都合で見学できませんでした。残念。

企画展『江戸の名所 愛宕山と山の放送局JOAK』。
来年の2月11日まで開催されてます。