こんな「皇居乾通りのお花見」でした。【お濠&石垣編】

つい先日、春の陽気に誘われて、「皇居乾(いぬい)通り一般公開」に行ってみました。

私の歩いた全体ルートはこちら。

ご覧のように、私はJR有楽町駅から出発し、東京国際フォーラム通過 → 馬場先門交差点 → 二重橋前交差点 → 坂下門へと進みました。

なお、どの方向から来る場合でも「二重橋前交差点」のところが共通の入場口になっています。

また、入場口と坂下門の中間部で、手荷物検査、金属探知機チェックがありますのでご注意下さい。

私は乾通りを通過したあとも、そのまま北の丸公園を経由して昭和館まで向かいました。

ということで、今回はお濠(ほり)や石垣とセットで撮った写真とともにご紹介します。

まずは、坂下門前から。

場所はこの辺です。

 

正面が坂下門。普段は一般人は入れません。

 

奥に、宮内庁の緑色の屋根がのぞいてます。

 

ニュースでもおなじみの宮内庁庁舎。の屋根。

 

この濠は「蛤濠(はまぐりほり)」というそうです。ハマグリが獲れてたんでしょうか。

 

そうこうして坂下門をくぐり抜け、あっという間に皇居内へ。
石垣とオオモミジ。モミジだけあって、当然咲いてません。

 

蓮池濠までやって来ました。
この辺です。

 

「ハスイケボリ」と発音します。

 

夏はハスの花が咲き誇るとのこと。(今はまだ枯れた感じになってますね)

 

立派な松。
石垣の向こうが、先日見学した東御苑です。

 

白壁(富士見多聞といいます)の裏側ぐらいが、有名な「松の廊下」のあった場所だと思います。

 

この木は桜じゃないので、咲いてません。

 

花がなくても、石垣と一緒だと、絵になります。

 

これはたしか、エドヒガンだったかと。

 

続いて、道灌濠まで来ました。
乾通りをはさんで、蓮池濠の向かい側ですね。

 

徳川様の命を受け、江戸城を築城した太田道灌にちなんでます。

 

水辺の桜は、3倍ぐらいキレイに見えます。

 

これは、シダレザクラだったかな。

 

道灌さんにも愛でて欲しい景色です。

 

春爛漫。

 

続いて、西桔橋門跡への分岐点まで来ました。
この辺です。

 

この石造りの道を登っていくと、東御苑の天守台跡へ抜けます。

 

私は引き続き、乾通りをまっすぐ進み、乾門を目指します。
すると、右側には乾濠が見えてきます。乾だらけ。
乾門は、ここです。

 

江戸城っぽい景色。キレイです。

 

春と秋の年2回しかない一般公開ですから、目に焼き付けます。

 

サクラも咲いてるので、焼き付けます。

 

ゴージャスに咲いてるので、さらに焼き付けます。

 

ここまで来ると、もうすぐ乾通りも終わり。
名残惜しい。

 

北桔橋門から東御苑に入苑する人たち。
ヤッホー。

 

乾通りを通り抜け、そのまま北の丸公園に突入しました。
このトイレの左脇にある池とサクラの写真を撮りました。

 

いい天気といい景色。

 

そんなこんなで、武道館を横切り、田安門も抜けたところから千鳥ヶ淵が見えてきます。
田安門からスロープを下り、正面・靖国通りの向かって左側を撮ると、下のような写真になります。

 

これが千鳥ヶ淵。
このさらに左奥に、有名な桜並木が続く緑道があります。

 

さて、最後は牛ヶ淵です。
この昭和館の前に広がるお濠です。

 

水面と高台の高低差がスゴいです。

 

この高台の右奥が北の丸公園です。

 

味わい深い武道館の屋根の曲線。

 

左側の独特な外観が昭和館です。ゴール間近。

 

名残惜しさとともに、振り返った景色。
牛ヶ淵とサクラ。素敵です。

 

次回も、違うテーマでチョイスした写真とともに、乾通り界隈をご紹介できれば。