こんな「中途半端な朝ドラ総集編」でした。

俳優としても活躍しているミュージシャンの逮捕」に関連して、

例えば私が歴代朝ドラの中で最高傑作だと思っている『あまちゃん』については、当面再放送はされなくなるんでしょう。

数日前に投稿したばかりですが、さきほど何気なく全録マシンを漁っていたら、数年前に登録したキーワードによって、なんと「あまちゃん総集編・前編『おら、この海が好きだ!』」が自動録画されていました。
昨日(17日)放送されていたようです。

ドラマのロケで多用された三陸鉄道の北リアス線・南リアス線が1本につながるのを記念し、24日の営業運転開始に目がけて再放送されたものと思われます。

作品(音楽)には罪はない」という各方面からの声にNHKさんが呼応する形で、予定通り再放送に踏み切ったのでしょう。
すばらしい。(と、前編を見終わるまでは思っていました)

再生、スタート!
大友良英さんの軽快なテーマ曲とともに、前編GO!
北三陸鉄道も出発〜ッ!
〜 90分経過、前編終了 〜
(ダイジェストでも面白かったなぁ! 来週はいよいよ後編! 楽しみ〜♡)

と思っていたら…。

後編の放送予定はありません ご了承ください」?
じぇじぇじぇ。
おい、こら。
(‘jjj’)/

後編には、
あきちゃんが、東京アイドルへ → あこがれの大女優・鈴鹿ひろみとの出会い → 震災で傷ついたふるさと → 地元に帰ろう → ふるさとの復活」
など、いくつもの盛り上がりが詰め込まれているのですが、「放送予定はない」そうです。

そもそもが、北三陸鉄道のモデルとなった三陸鉄道の1本化営業運転をお祝いするための再放送だと思うのですが、「鉄道の被災・復興・運転再開」が全て後編で描かれているのに、放送しないんだそうです。脱力。


今回逮捕された「俳優としても活躍しているミュージシャン」の出演は後編だけですから、前編の放送については「支障なし」と判断されたのでしょう。
でも、だからといって、ドラマの再放送を未完で終わらせるセンスが理解できません。


おそらく、「三陸鉄道一本化を祝う被災地への配慮」と、「そうは言っても麻薬取締法違反で逮捕された容疑者の出演作品を放送しづらい事情」の折衷案かと思われますが、なんとも煮え切らない対応をしてくれたものです。

だったらいっそのこと、前編の放送も中止したほうがまだスッキリするのに、ご丁寧にこんな「おことわりスーパー」まで表示されて、見終わった後に「後編の放送はナシだよん」といわれても。

こんな寸止め、ありですか?


落胆しつつググってみたら、既に14日のうちにNHKドラマの公式ツイッターで「後編の放送予定なし」が告知されておりました。

「中止にしました」ではなく「放送予定はない。しかも、予定変更である」という表現になっておりますから、今後の視聴者からの声によっては「放送予定のメドが立ちました」となる可能性もゼロではないかもしれません。

まぁ、望み薄ですが。


【以下、イチャモン】
出演者の不祥事で番組の放送が自粛されるのであれば、番組スタッフの不祥事が発覚したときはどうなるんでしょうね。

カメラさん、美術さん、音声さんたちの不祥事でも放送自粛?
脚本家音楽監督さんだったら?

仮に、会長さんが何かやらかしたら、放送電波を停めるとか?