こんな「宅配便の再配達依頼」でした。

たとえば、宿泊予約のためにホテルに電話した時のやりとりを考えてみます。

先方の応答を確認したのち、こちらから「あのですね、宿泊の予約をしたいんですけど」と切り出したと仮定します。

 

このあとのホテルの受け答えとしては、いろんなバリエーションがあるかと思います。

 

例えば、
当ホテルをお選びいただき、誠にありがとうございます。それではさっそく私、◯◯が承ります。お客様のご希望の宿泊日や客室タイプなどは既にお決まりでございますか?
と言われたら、こちらも気持ちよく「今度の土曜日から2名で1泊なんですが」とか「1室しかない特別スイートに泊まりたいんで、直近で部屋がまだ空いている日をいくつか教えて下さい」などとスムーズなやりとりができると思います。

 

これほど丁寧ではなく、
宿泊のご予約ですね。ご希望のお日にちはいつ頃でございますか?
でも特に問題ありません。

 

なんだったら、いきなり、
宿泊のお日にちは?
だけでもいいように思います。

 

いずれにせよ、宿泊予約に必要不可欠な情報(宿泊予定日)を入口にすれば、その後は適宜「人数」だったり「部屋タイプ」だったり「朝食を付けるかどうか」などのアレンジに入っていけるので、「いつですか」と尋ねてさえもらえれば、そこから先はどうにでもなるのです。

 

この時、どんなにそれが必要不可欠だとしても、ホテルスタッフ側が
宿泊日が分からないと予約はできません
などといちいち宣言することはないと思います。

なぜなら、宿泊日についてはホテルと客の双方で合意されるべき情報なので、必ずどちらからか(通常は客側から)もたらされるものなのです。

というか、それが宿泊予約というもんですから。w

 

よって、極論すれば、客が、
予約お願いします
と電話してきたら、ホテルスタッフは、
日にちはいつですか?
と返答すればいいだけなのです。

 

 

 

何をクドクドと書いているかというと、つい先日、このシンプルなやりとりが成立せず、久々に呆れてしまった出来事があったのです。

電話した相手は、某宅配便会社配達ドライバーさんです。(この場合の必要不可欠な情報は「私の住所と名前」となります)

 

その前日に、宅配便会社のメールサービスから「明日の午前中、◯◯さんからの荷物を配達するよ」という予告が届き、都合が悪かったので「明日の夕方」に変更するweb手続きを済ませていたのですが、なぜか翌日の昼前に、当初の予定通りにドライバーさんが配達にやって来たようなのです。

そのとき私は、自宅近所の喫茶店で打ち合わせをしていましたが、事前にメール設定していたため、「ついさっき、お宅に配達に伺いました。でも不在なので持ち帰りました」という不在通知メールが手元に届き、この事実を知ったのです。

「ムダな不在配達の削減に少しでも協力しよう思い、昨夜のうちに『夕方』へ変更したのに、なんで午前中に来ちゃったんだろう?」というのが不思議ではありましたが、人手不足で多忙の中、担当ドライバーさんにはどうしても午前中に配達してしまいたい事情があったのかもしれません。

一方で、「夕方」指定が「午前中」で来てしまったわけですから、「夕方の配達(再配達)」が今なお有効なのかどうかも定かではありません。

そこで、打ち合わせを中断し、喫茶店を抜け出し、不在通知メールからドライバー直通の携帯電話番号を見つけて電話をしてみることにしました。

 

以下、再現。

プルルゥ〜、プルルゥ〜、ガチャ。

ドライバーさん:
「はい、◯◯運輸でーす」

私:
「あのですね、荷物の再配達をお願いしたいんですけど」

ドライバー:
申し訳ないんですがぁ、再配達先の住所とかお名前が分からないと、再配達ってできないんすよねぇ〜

私:
「そんなの、分かってますよ(怒)。これから言いますから。っていうか、言うに決まってるじゃないですか」

ドラ:
「あ、すいませんっす」

私:
「どこそこの○○です」

ド:
あぁ〜、さっき行ったお宅っすね

私:
「いや、『さっき行った』じゃなくて(怒怒)。そもそも、これ昨夜のうちに夕方配達に変更してるんですけど。午前中は外出予定があったから不在配達にならないように変更しといたんですよ。なんで午前のままの配達になっちゃんたんですか? 夕方扱いの荷物になってませんか?」

ド:
「あっ、夕方扱いになってたっす〜。申し訳ないっす〜」

 

「再配達お願いします」と頼んだら「住所とお名前は?」と訊かれるのが普通だと思っていただけに、まさか「住所と名前が分からないと再配達できない」と切り返されるなど、夢にも思いませんでした。

じゃあ、通話開始直後にいきなり自分の住所・名前を喋ればよかったのかといえば、おそらくそれだと突然すぎて聞き漏らされてしまうんじゃないでしょうか。(ドライバーさんがどんな状態で電話対応しているのかもよく分かりませんし)。

 

 

というか。

宅配ピザ屋さんに電話して「注文お願いします」と言って「住所とお名前が分からないと配達できないんすよねぇ」と返答されたら、普通の人はムカつくと思います。

よって宅配便のドライバーさんも、ただでさえお忙しいのでしょうから、「言わずもがな」な返答は極力お控えになったほうがよろしいかと。

(宅配ピザなら、気に入らなければ二度と注文しないという手段もとれますが、宅配便だと送り主側で業者選定がされていたりして、イヤでも関わりを持たざるを得ないので、なかなか難しいところがありますよね)

 

 

 
 

 

シェアする

フォローする