こんな「外国のトイレ」でした。【続報(解決編)】

以前、「旅行で訪れた海外の空港の男性用トイレ」に関する記事を投稿したことがあります。

その際に取り上げたのは、こんなプラスチックカバーが装着された男性用の小便器です。

何のために?

しかも、2基の小便器の間には、手を洗う洗面台付近でよく見かける「ペーパータオル」のホルダーまで設置されていました。

ちなみに、使用後のペーパータオルを捨てるダストボックスは見当たりません。

記事投稿時には、

「尿圧(?)の高い人の飛沫便器にはね返って床面に飛び散らないようにするためのカバーではないか」

「あるいは、カバーを超えるぐらいに局部を便器側に極力接近させてもらい、便器前の床面に尿だれ(とでも言うのでしょうか?)を起こさせないようにするためではないか」

ペーパータオルについては『プラスチックカバーまで設置したのに、それでも飛沫を飛び散らかしたヤツは、自分で床面を拭き取っとけ!』ということなのでは?」

「もしかしたら、床面に飛び散った飛沫の清掃だけではなく、『プラスチックカバーの内側に付着する飛沫についても、ペーパータオルを使って、自分で拭浄しろ』という、とんでもない趣旨が隠れているのかも?」

などの仮説を提示しつつ、

「この小便器の足元には踏み台もないので、身長の低い子供短足の大人にとっては、このカバーの上から放尿するのは不可能では? 」

という疑問も表明させていただきました。

その上で、

「このプラスチックカバーじゅうに、不特定多数の尿の飛沫が付着しているだろうし、実際にうっすらと黄ばんでもいる。

カバー先端部には不特定多数の局部が触れまくったりもしているハズでであり、実に不快極まりない

という感想を記しました。

うっすら黄ばんでます…。

ちなみに、当時の全文は、こちらです。

で、つい最近。

ネットでまったく別件の検索をしているうちに、偶然(奇跡的に?)「このプラスチックカバー付きの男性用小便器の真相」を知ることができました。

私は、ついプラスチックカバーばかりに目が向いてしまいましたが、本当に着目すべきは、小便器内の上部に見えている「黒くて細い突起物」だったのです。

赤い丸で囲った部分が、ポイントだったのです。

ジャカルタブログ」さんによると、この突起物の正体は、なんと「男性器を洗浄するための水が出てくるノズル」なんだそうです。

「いくらなんでも。まさかそんな…」と狼狽しながら、さらなる裏付けを探してみたところ、同様の情報が複数見つかりましたので、どうやら事実のようです。

例えば、「ちょいバリ親父の移住物語」さん。

さらに、「インドネシアの魅力 仕事の魅力」さん。

加えて、「kazy’s Indiana life」さん。

はたまた、「青空と自転車と・・・」さん。

そして、「ジャカルタ駐在アラサー男子」さん。

こちらのブログには、例の「プラスチックカバー」が装着された状態の小便器の写真が掲載されており、

「これは男性の局部を洗浄する際の『水の飛び跳ね』を防ぐためのカバーである」

「そして、インドネシア男性の一部は、トイレットペーパーやペーパータオルを手にして小便器に向かい、用を足す」

「その後は、上部ノズルから出てくる水で局部を洗浄し、手に持った紙で局部の水分を拭き取っている

ことまでが詳細に記されておりました。

ということで、

「これは、男性器洗浄機能ならびに洗浄水飛散防止カバー付きの小便器だ」

というファイナルアンサーに無事たどり着きました。(←「無事」なのか?)

いわば、男性専用のウォシュレットということですね。

しかも、小便器横のペーパータオルホルダーは、

「洗浄後に局部の水分を拭き取るために設置されたものである」

ことまで判明してしまいました。

だとしても、使用後のペーパータオルを捨てるダストボックスが見当たらなかったのは、いまだに納得いきませんが。

いやはや、「ググれば、何でも分かる」ことを久々に体感させてもらいました。

それにしても。

インドネシア男性の衛生観念からしてみれば、「用を足したあと、そのまま局部を下着の中にしまい込む(←ほぼ全ての日本人男性は、これです)」のは、不潔極まりない行為なんだろうと思われます。

しかし、だからといって、

「小用のあと、局部が汚れている」ので、洗浄ノズル付き小便器

「洗浄水が飛び散り、自分のズボンや下着が濡れたら困る」から、プラスチックカバー

「洗浄後、局部が濡れたままになっているのはイヤ」だから、ペーパータオルホルダー

理屈としては、どれも分かるんですけど、なんか、どうも、やっぱり。。。

「お国柄の違い」とか「カルチャーギャップ」としては、かなりのものではないかと思います。

世界は、まだまだ広いです。