お川見(目黒川でお花見の予習)その6

来たるシーズン全開に向けて「都内有数のお花見スポットである目黒川沿いベストビューを探そう」の6回目です。

1回目はこちら。(スタート地点の池尻大橋で巨大な首都高ジャンクションを発見)

2回目はこちら。(ジャンクション施設屋上の天空庭園を見学)

3回目はこちら。(いよいよ川沿いの下見開始。池尻大橋〜目黒橋まで)

4回目はこちら。(目黒橋〜緑橋まで)

5回目はこちら。(朝日橋〜船入場橋まで)

前回ラストの船入場橋を過ぎると、次は田楽橋です。

「でんがくばし」と読みます。

上流側を撮影。川幅が広がるとともに、橋の間隔も広がってきました。空も広がり、開放感のあるお花見ができそうです。

続いて、なかめ公園橋。

「中目黒」の「なかめ」なんでしょうね。

自動車は通れないのに、この広さ。

下流側を撮影。目黒清掃工場の煙突がいいアクセントになりますね。

続いて、中里橋

両岸の桜の枝同士が接触でできないくらい、川幅が広がってます。

次は、田道橋

「でんどうばし」です。

橋のたもとには、枝ぶりが妙にウネウネした不思議な樹も。

下流側を撮影。奥の方に、目黒の雅叙園(アルコタワー)が見えてきました。

田道橋の横っちょには目黒清掃工場。建て替え(解体)中らしく、仮設の覆いやクレーンが。

続いて、ふれあい橋

この橋は、川岸の歩道の一段上を通っています。右岸にある目黒区民センターと対岸をつなぐための橋のようです。

しかも、歩行者専用。広いです。

川岸より一段高いこともあって、開放感この上ありません。空も煙突も桜も川面も全部楽しめます。

次は、目黒新橋。大きな目黒通りが通ります。

すぐ隣に、謎の橋もあります。中は暗くてよく見えませんでした。

アルコタワーもすぐそこに。

この橋のたもとには、なぜか大量のアロエ(たぶん)が。プランターから生えているので、誰かが栽培しているのかもしれません。大量すぎてちょっと気持ち悪いほどです。

おぉっ! 突然、お城が!

と思ったら、これが有名なホテル目黒エンペラーなんですね。初めて現物を見ました。花見ついでに。w

次は、太鼓橋

上流方向を撮影。左手に目黒エンペラー。

すぐ横には、ちょっと近未来チックなアルコタワーがドーンッ。

下流方向を撮影。川の中に、何か青い物体があります。不法投棄だったらイヤですね。

不法投棄どころか、パワーショベルが沈みかけてるではありませんか! 大丈夫か!?

ということで、次回で大団円を迎えます。(というか、このシリーズ、そろそろ終わらないと…)