お川見(目黒川でお花見の予習)その4

来たるシーズン全開に向けて「都内有数のお花見スポットである目黒川沿いベストビューを探そう」の4回目です。

1回目はこちら。(スタート地点の池尻大橋で巨大な首都高ジャンクションを発見)

2回目はこちら。(ジャンクション施設屋上の天空庭園を見学)

3回目はこちら。(いよいよ川沿いの下見開始。池尻大橋〜目黒橋まで)

今回は、目黒橋から下流方向に進みます。

この辺からのスタートです。

目黒橋から下流方向を撮影。

この辺も桜の枝ぶりは立派です。

中の橋まで来ました。

赤い欄干がアクセントになっています。

橋の形も特徴的で、男性モデルさんの撮影も行なわれていました。

後方には住友不動産青葉台タワーが見えます。

橋から見た桜の枝。咲いたらキレイでしょうね。

川沿いの道。車のスピードの出し過ぎ防止でしょうか、あえてクネらせているようです。

続いて南部橋

両岸の建物の高さも揃っていて、調和のとれた花景色になりそうです。

途中の案内板には、それぞれの橋の名前も記されています。(この記事の存在意義が…。w)

ここには公衆トイレも完備されていて、お花見時には心強い味方になりそうです。

手前が女性用入口で、奥が男性用入口。

公衆トイレの位置はこのあたりです。

次は柳橋です。

この界隈の川路は桜もさることながら、カフェやビストロなどの飲食店が数多くありますので、お花見途中の休憩や食事にも便利そうです。美味しそうな香りも漂っています。

続いて千歳橋

この辺は、とりわけ甘〜い香りがしています。

甘〜い香りの理由はこれです。カステラで有名な福砂屋さんの工場がありました。

店舗も併設されていますので、お花見がてらお土産カステラも買えます。

そして、天神橋

相変わらず立派な桜並木が続きます。

近所には、ワンちゃん、ならびに飼い主さんのためのスクールもあるようです。そのまんまの店名が分かりやすいです。

そして、緑橋

安定感のある桜並木がずっと続いているエリアですから、人出はスゴイと思われます。

でも、川沿いでの露店や屋台の出店はNG。

次回は緑橋の次、朝日橋から再開します。