お川見(目黒川でお花見の予習)その3

来たるシーズン全開に向けて「都内有数のお花見スポットである目黒川沿いベストビューを探そう」の3回目です。

1回目はこちら。(スタート地点の池尻大橋で巨大な首都高ジャンクションを発見)

2回目はこちら。(ジャンクション施設屋上の天空庭園を見学)

いよいよ、目黒川沿いを下流に向かって進みます。

この辺からスタートです。

国道246号から下流方向を撮影。

川幅が狭く、両岸の桜の枝がクロスしているので、満開時には川の上に桜のトンネルができるものと思われます。

両岸の桜が握手しているかのようです。

川沿いには、かつて走っていた路面電車の説明看板も。勉強になります。

続いて常盤橋あたりから。

右側に見切れているのが橋の入口です。

ジャンクションと桜がセットで堪能できそうなポイントです。

さらに南下すると、万代橋です。

亀のレリーフが目を引きます。

橋から上流側を撮影。ここからだと、まだ首都高の高架が見られます。

これは下流側。この橋は中央が観覧用に膨らんでおり、お花見向きだと思います。

以前は友禅流しもやられていたそうです。きれいな水だったんでしょうね。

続いて氷川橋あたり。

大橋ジャンクション&天空庭園も、このあたりが見納めになります。

上流側。キレイです。

下流側。桜の枝に手が届きそうです。

次は東山橋

ツボミは、まだまだ固かったです。

川沿いのところどころに、不思議な電気器具が設置してあります。何なのでしょう?

「電撃殺虫機」というネーミングが、ユスリカを無慈悲に駆逐するその惨忍さを体現してます。あ〜コワ。

目黒橋まで来ました。

上流方向を撮影。川面に降りる階段と桜の構図が楽しめます。

ところが下流方向はこんな状態。山手通りの陸橋が行く手を阻みます。

道路の反対側に渡るための横断歩道は、かなり離れているようです。

200メートルほど歩いたところでようやく横断歩道です。

横断しながら、今来た方向を向くの図。渡ったら、同じぐらいの距離を戻らなければいけません。

目黒川まで戻って来たら、こんな案内表示が。私は山手通りを南下して横断しましたが、北上して横断するのが正解だったようです。。。

川幅的に「桜のトンネル」ができやすいと思われる「池尻大橋〜中目黒」間ですが、この山手通りによる分断がちょっと残念です。

さらに下流の様子は、また次回にご紹介いたします。