こんな「新元号の発表@渋谷」でした。

新年度ということで、朝から仕事の関係で渋谷界隈に出かけたのですが、予定よりも早く打ち合わせから解放されたのが11時ちょい前。

ご存知のように、本日は11時30分から「官房長官による新元号の発表会見」が予定されておりましたから、その瞬間を目撃すべく、大型街頭ビジョンが乱立する渋谷駅前スクランブル交差点に立ち寄ってみました。
野次馬根性丸出しです。

11時05分。
待ち合わせ目的ではなく、明らかに大型街頭ビジョンで発表会見を見ようとする人たちが既に大勢いらっしゃいました。

桜もいい感じで咲いてます。

11時08分。
発表直前に、市民の期待感を尋ねる取材クルーが。

わざわざ何か書かせた上でインタビュー。

11時09分。
立ち止まる人が増えてきました。
三脚の上に陣取るカメラマンも登場。

イベント感が出てきました。

11時12分。
QFRONTビルの街頭ビジョンに、先月までの朝ドラ『まんぷく』の全話平均視聴率のニュース速報が流れているのを発見。

21.4%だったそうです。

全話平均で20%超えは7作連続。 これはこれで興味深いニュースです。

11時13分。
安倍首相が官邸入りした際のぶら下がりインタビューコメントが速報されてました。

新時代につながる新元号を」だそうです。

発表直前につき「官邸周辺も慌ただしくなってきた」らしいです。

11時14分。
今度は「日経平均が一時400円近く上昇」の速報が。

ご祝儀ムードで買い注文優勢」とのこと。昭和天皇崩御当日の新元号(平成)発表とは、まるで雰囲気が違います。

11時26分。
予定では、あと4分で官房長官の会見が始まります。

気づいたら、見物人はさらに増えてます。

11時31分。
大型街頭ビジョンの画面が、なかなか首相官邸の会見場映像に切り替わりません。

会見開始が遅れているんでしょうか。

11時34分。
街頭ビジョンには、まだ普通に各種広告映像が流れてます。

発表を今か今かと待ち構える群衆。

11時35分。
さらに駅前が混み合ってきました。
「私、スマホで撮影してますよ」オーラをバンバン発したつもりだったのですが、目の前に見知らぬ男性が仁王立ち。

うーむ、こっちは気を使ってビルの壁面を背にして場所取りしたのに、正直、ジャマなんですけど…。w

11時38分。
予定を8分過ぎたのに街頭ビジョンでの会見中継が始まりません。
「もしかしたら、この街頭ビジョンでは新元号発表会見を中継しないのか? そして、既に会見自体は始まってるんじゃないのか?」と不安になったのでYahoo!さんの「リアルタイム」アプリを起動してみましたが…。

ネット回線混みまくりで、全然アクセスできず。

Yahoo!の公式ページも全く開きません。

ネット、重すぎ。

そうこうするうちに、11時39分。
街頭ビジョンでは相変わらずSK-IIさんの広告が結構な頻度で流れてます。
11時30分前までは、みなさんワクワクしながら眺めていましたが、会見予定時刻を過ぎたあたりから、オーディエンスの軽い苛立ちによる冷たい視線が大型ビジョンに対して向けられることに。

何度も登場する渡辺直美さん。 彼女のせいではないのですが、オーディエンスのイライラがつのる一方だったので、広告効果の面では微妙だったかもしれません。(むしろ逆効果のような気すらします)

11時41分
あとで知ったのですが、まさに菅官房長官が「新しい元号は『令和』であります」と発表した時刻です。
なのに、その瞬間の渋谷駅前が、こちら。

通常映像ばかりが流される街頭ビジョン。激混み指数はMAXに。

今、この場所から移動するのは、ちょっと危険なほどの混み具合です。

11時44分。
すでに新元号が発表されていることを知ってか知らずか、今か今かと街頭ビジョンを凝視続ける群衆。

自分も含め、今にしてみれば、かなりマヌケでした。w

11時46分。
業を煮やして再度Yahoo!サイトにアクセスすると、通信速度は遅いながらも、「新元号は『令和』」という見出しがポロっと表示されました。

大型街頭ビジョンがいくつもある渋谷スクランブル交差点の前にいるのに、こんな地味なテキスト表示だけで新元号を知ることになるとは、夢にも思いませんでした。

で、何度かリロードしたら、見出しの先の本文ページも開きました。

この段階では「おそらく“れいわ”と発音するんだろうな」と想像するしかありませんでした。

そして、11時48分。
群衆のあちこちから「れいわ」という声が聞こえ始める中で、ようやく街頭ビジョンに速報が流れました。
ただし、テキスト表示だけですが。

読みは“れいわ”で合っている」ことだけが収穫だった速報画面。

同じく11時48分。
これは帰宅して自宅の全録レコーダーを確認して分かったことですが、まさにこの時刻、日テレさんの報道特別番組では渋谷上空からヘリ中継しておりまして、藤井貴彦キャスターが、こんな実況コメントをかぶせていらっしゃいました。

今、渋谷のスクランブル交差点前の様子ですが、たくさんの方がその菅官房長官の会見を大きなビジョンで見たものと思われます

見ました」と断定しないあたり、さすが、実況に安定感のある藤井キャスターだけあります。

とはいえ、名アナウンサーが「推測」コメントを発するほどに、
渋谷スクランブル交差点だったら街頭ビジョンで中継するでしょ、普通?
という期待があったわけで、にも関わらず時代の節目に立ち会えなかった興ざめ感は、私の中でしばらく尾を引いてしまいそうです。

そんなこんなで、1分後の11時49分。
群衆は、早くもかなり減ってきました。

スクランブル交差点では、おまわりさんがしきりに「立ち止まると通行の妨げになります。危険です」とスピーカーで叫んでいらっしゃったので、もしかすると当局から「危険なので、ここの街頭ビジョンで会見中継はしないでくれ」的な要請があったのかもしれません。

真相は分かりませんが。



ということで、今回唯一分かったのは、
この次の元号発表を街頭ビジョンで見るなら、新宿アルタ前広場のほうが良さそう」
ということぐらいでしょうか。

やはり、今も昔も“お昼休みのウキウキウォッチング”は新宿アルタに限ります。