こんな「皇居乾通りのお花見」でした。【建物編】

皇居乾(いぬい)通り一般公開」の3回目です。(今春の一般公開は終了しました)
今回は、肉眼で初めて見た建物などをご紹介します。(何度も見た建物も含まれますが)

私の歩いた全体ルートはこちら。

まずはこの辺から。

 

霞ヶ関官庁街が見えます。

 

奥に見えてきたのが二重橋伏見櫓(ふしみやぐら)。

 

皇居前広場まで来ました。

 

奥に広がる丸の内のビル群。いわば三菱地所の縄張り。

 

坂下門に到着。

 

この辺。

 

遠景。

 

ちょっと近景。

 

かなり近景。

 

続いて、宮殿です。

 

宮殿の位置。

 

一般参賀を受ける長和殿と、宮中晩餐会をやる豊明殿が接合する、ちょうどコーナー部分が見切れてます。

 

この先には行けませんから、今日は素通りします。

 

次、宮内庁庁舎。おなじみですね。

 

場所は、ここ。

 

春風にたなびく日の丸と、宮内庁。
まさにエキゾチック・ジャパン。

 

このあたりから富士見櫓(ふじみやぐら)が見えるはず。

 

見えました。
江戸 meets Tokyo.

 

次は、蓮池参集所

 

ここです。

 

ここで、全国から集まる勤労奉仕の皆さんが休憩したり、両陛下からのお会釈があったりするらしいです。

 

蓮池参集所のすぐ先にある山下通り

 

この先は、宮内庁庁舎の裏を通って、宮殿の表御座所(おもてござしょ)へと続きます。
表御座所とは、天皇陛下が公的な事務を執り行う場所ですね。

 

先に進んで、局門(つぼねもん)。

 

ここです。

 

小ぶりな門でした。

 

局門の横の細長い建物が、門長屋(もんながや)。

 

桜と門長屋。

 

松と桜と門長屋。なんか、おめでたい気分になります。

 

で、あっという間に乾門(いぬいもん)に到着。

 

場所は、ここ。

 

乾門を正面から。これをくぐれば、皇居の外です。

 

外側からの乾門。

 

乾門の「止まれ」添え。

 

 

おまけです。
ここまで歩いて来ました。

 

武道館です。

 

大きな玉ねぎ(擬宝珠:ぎぼし)はメンテナンス中。

 

ご入学、おめでとうございます。

 

武道館といえば、田安門(たやすもん)。

 

桜と田安門。絵になります。

 

田安門の「禁煙」添え。

 

田安門の左脇に、「皇紀二千六百年植樹記念碑」を発見。
皇紀二千六百年とは、西暦1940年(昭和15年)のことです。
当時、ここ北の丸公園一帯は、皇居や皇族を守る近衛師団の司令部や兵舎が置かれていたそうな。

 

最終ゴールの昭和館に到着。

 

このあたり。有楽町からよく歩けたもんです。

 

左側に見える独特の外壁の建物が、昭和館です。

 

こんな写真展も開催中。

 

 

このシリーズ、あともう1回だけ続ける予定です。