どんな「PV」になるのでしょうか。

今夜、FIFAワールドカップ ロシア大会グループH予選リーグで、日本ポーランドが対戦します。

日本がこれに勝つか、引き分ければ、決勝トーナメントに進出できるそうです。

つまり今夜の勝負で、日本が「世界のベスト16」に残るかどうかが決まるというわけです。

ワールドカップサッカーを、私はこれまで複数人で観戦したことがありません。

スポーツの国際試合に興味がないわけではありませんが、単身住まいなので、とりわけ深夜のテレビ観戦はどうしても1人になりますし、かといってパブリックビューイングに出かけて2時間近く立ったままで観戦する体力も、たぶんありません。

暑いのも寒いのも嫌いですし、他人同士が密着して体を揺すったり雄叫びをあげるような環境に身を置くのにも抵抗があります。

ことほど左様に、私は全くパブリックビュー向きの体質ではないのですが、それは裏を返せば、

「着席できて、快適な空調が効いていて、他人と一定の距離を保てて、互いの体がぶつからず、耳元で他人の雄叫びを聞かされたり、汗やツバを浴びなくてすむ」

こんなパブリックビューイングがあれば、私でも楽しめる可能性が出てくるということではないでしょうか?

などと思っていたら、最近になって「映画館でもパブリックビューイングをやっているらしい」ことを知りました。

今どきの映画館であれば、「予約制の座席・快適空調・クッション性の高いシート・ドリンクホルダ付きのアームレスト・ゆったりした座席まわり・私語禁止・迷惑行為禁止」がデフォルトですから、私の望む条件を全て満たしてくれそうです。

深夜のパブリックビューイングは、確実に翌日の出勤に差し支えますから、サラリーマン時代にはやりたくてもやれなかった行動です。

しかし、フリーランスとなった今であれば、都合を前日翌々日以降シフトさせることによって、翌朝(翌日)の仕事を気にすることなくサッカーをビューできるのではないでしょうか。

ということで、人生で一度くらい「パブリックビューイング」とやらをしてみてもいいかなと思い、今夜の日本戦を絶好の機会ととらえ、ちょっくらPVして来ることにしました。

この記事が投稿される頃には、PV会場に向かっている頃かと思います。

何か面白い体験ができたら、あらためてこのブログでご報告いたします。