こんな「海外の地震」でした。

これまでにも何度か海外に来たことはありますが、滞在先で地震に遭遇したのは初めてです。

今回訪れたのは、南国のこんな形の島です。初訪問です。

現地時間の朝7時前、比較的大きな揺れで目を覚ましましたが、1分ほど揺れが続いておりました。

日本で言えば、震度3〜4ぐらいはあったんじゃないかと思います。

「火山活動」が活発な「島」という場所がらもあり、揺れ以外にも噴火や津波の恐れもあるわけでして、少なからずヒヤッとしました。

その後、何度か小さな余震もありましたが、目立った被害もなく、今のところ旅行は継続中です。

ホテルに設置してあるこういうピクトグラムは、やはり事前にチェックしておくべきですね。

宿泊先のホテルは、周辺で一番高い建造物でしたし、幸いアサインされた部屋も最上階でしたので、津波が来たら部屋でジッとしているつもりでしたが、大ごとにならずに済みました。

それにしても、海外で地震に遭遇すると、日本の地震速報態勢の迅速さや充実ぶりを改めて実感できます。

なんせ、現地のローカルテレビ局は地震後も延々と収録済みの番組を流し続けてましたから。w

震源が「隣の島」だということが分かったのも、地震発生後、数十分経過してからだったと思います。

まぁ、このへんもお国柄ということなのでしょうけれど。