楽天モバイルの新料金プランは「改悪」なのか。

楽天モバイルの新料金プランは「改悪」なのか。 Goods/物

今月13日楽天モバイルさんが新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を発表しました。

従来プランの「Rakuten UN-LIMIT VI」だとデータ通信1GBまでなら月額0円で利用できたのですが、新プランでは「1GBまででも1,078円(税込)」に引き上げられた格好です。

 

この発表は、同日中に各メディアでも報じられました。例えばこちら。↓

 

さらに当日の夜になると、会見の続報として「既存ユーザーは当面、従来プランを使ってもらう予定だったが、新旧プランの併存に法的な問題があった(ので新プランに一本化するしかなかった)」とするコメントも報じられました。↓

 

これに加えて、同日の決算発表会において、楽天グループ社長の三木谷さんは「ぶっちゃけ、0円でずっと使われても困る」と発言したんだとか。↓

 

そして、発表の数日後には「この“月額0円廃止”は、楽天モバイルに降りかかった『ネットワーク整備の遅れ・政府主導による携帯料金引き下げ・想定以上の赤字』という3つの誤算が影響した」とする解説記事も目にするようになりました。↓

 

このプラン改変については「改悪だ・後出しジャンケンだ」と批判する声が多くあがっているそうです。

かくいう私自身も、これまでこの“月額0円”プランの恩恵に預かってきたのですが、既存ユーザー向け措置である「7•8月は引き続き無料。9•10月は1GB以下の利用料金分をポイント付与(=実質無料)」を経た後の11月からは、どんなに通話や通信量を抑えても1,078円かかってしまうわけで、正直「えぇ〜。それまでにまたいろいろ調べてアクション起こすのかぁ。めんどくさいなぁ」という印象はぬぐえません。

しかし、経営環境の激変とか、経営陣の見通しの甘さなどのせいで誤算が生じ、楽天モバイルさんとしてもやむなくプランを改変するのでしょうから、それ自体を“悪”と断罪する気にはなれません。

 

ただ、「なんか、顧客とのコミュニケーションがヘタクソな会社だなぁ…」という印象は強く持ってしまいます。(その意味で、プラン改悪かどうかはともかく、改善すべきはコミュニケーション戦略だと思います)

たとえば、三木谷さんの「ぶっちゃけ、0円でずっと使われても困る」は、つい漏れた本音なんでしょうけど、今ごろになってそんな愚痴を聞かされるこちらとしても「社長にそこまでぶっちゃけられても困る」なわけでして、自分(=楽天側)で値付けしたプランに魅力を感じてやってきた顧客に対して「いつまでタダで使えると思ってんだよ、金払えっつーの、この貧乏人」と平手打ちされているような感じがします。

 

さらに言えば、ユーザーの元に(少なくとも私に対して)「【重要】新料金プラン『Rakuten UN-LIMIT VII』への自動移行について」と題するメールが届いたのは5月27日でありまして、発表から2週間も経ってるんですよねぇ。。

 

おまけに、つい1週間ほど前、つまりプラン改変発表から1週間以上が経っているタイミングでもなお「“月額0円”のままの現行プランを載せたチラシをポスティングしている」事実を知りました。

これは、神奈川県在住の知人から寄せられた情報でして、知人いわく「あまりに“今さら?”なので、驚いた」そうです。(わざわざチラシを持ってきて見せてくれる知人の行動力にも驚きましたがw)

ということでチラシ現物。まずはオモテ面から。↓

 

そしてウラ面。プラン名は表記されてませんが、0円スタートなので明らかに現行プランの「VI」ですね。↓

楽天モバイルの新料金プランは「改悪」なのか。

 

このチラシがもたらすコミュニケーション効果は、およそ以下の3パターンのうちのどれかだと思います。

  1. 既にプラン改変を知っている人々を「今頃になってもまだこんなことやってんの? 大丈夫か、楽天モバイル?」と呆れさせる効果。

  2. チラシの“0円”を真に受けた人々を神奈川県内の楽天モバイルショップに誘導し、そこで初めて近日中のプラン改変を知らされ、「知っていたらショップに来なかったのに!」と憤慨させる効果。

  3. 上記2同様に来店し、プラン改変予定を理解しないまま契約してしまう人々に、事後になって「どうして課金されてるじゃねーか! 聞いてないよ!」とクレームをつけさせる効果。

私は「1」のパターンですが、だからといって「2」「3」になってしまう人々を“情弱”と笑い飛ばす気には全くなれません。

 

繰り返しになりますが、このタイミングで改変前の現状プランのチラシをポスティングするほうが間違っていると思いますし、発表から2週間も経ってからようやくユーザーにメールを送ってくるのも遅すぎると思いますし、公の場で「ぶっちゃけ、0円でずっと使われても困る」と発言する社長は論外だと思います。

(というか、今日現在、楽天モバイルさんのトップページには従来の「VI」プランを前提とした各種キャンペーンも、ふつうに載ってました。契約プロセス画面の途中で注釈は出るんでしょうけど、公式サイトですらこうなので、そりゃぁチラシのポスティングぐらい平気でやれちゃいますよね)

 

余談ながら、さっきのチラシのオモテ面には「楽天モバイルで携帯料金 見直しませんか?」との文言がありました。↓

これを見て、少々意訳気味に「じゃぁ、楽天モバイルの契約自体をどうするか見直します」というユーザーが続出しそうな気がします。(既に格安SIM会社さんなどは大賑わいらしいですし…)

 
ということで、「楽天モバイルのユーザーになっても、なんか大事にされている感じがしない」と認識するに至った次第です。

 

【参考】
楽天モバイルさんの公式サイト。↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました