オリジナル地図を作るのは難しい。

オリジナル地図を作るのは難しい。 Travel/旅

先日、自宅ポストに、とあるポスティング会社さんの「スタッフ募集」チラシが投函されていました。↓

オリジナル地図を作るのは難しい。

 

この会社は東京都から神奈川県にかけての幅広いエリアで営業しているらしく、このチラシもかなり広範囲に投函されたものと推察します。

しかも、同社のポスティングスタッフさんが投函したのでしょうから、言ってみれば「僕たち、私たちと一緒に働こうよ!」という熱い思いも込められたチラシなんだと思います。

 

で、ウラ面。↓
東京都・神奈川県の各地に点在する営業所の地図が載せられており、応募を考えている人に対して“出勤のしやすさ(チラシ資材の受け取りやすさ)”を訴求しているものと考えられます。

 

しかし、この地図が、よくよく見るとかなりのクセモノでありまして…。

まずは、「まとも」というか「駅からの位置関係が分かるオーソドックスな地図」から。↓
左右とも同じ場所なので一瞬あれっ?と思いましたが、ビルの1階と2階で営業所を分けているようです。

 

ところが、戸塚営業所の地図もさっきと全く同じでした。欄外の住所表記が先ほどとは違っているので、地図画像を単に貼り間違ったものと思われます。↓

 

続いて、隣り合ったふたつの地図のクオリティがあまりに対照的だったのが、目黒営業所世田谷営業所です。↓
この地図で世田谷営業所にたどり着けるスタッフ応募者はいないと思います…。

 

極め付きは、神奈川の旭営業所金沢営業所の地図です。↓
ここまでくると、地図を載せる意義そのものが揺らいできます。なにかの心理テストかと思うほどです。

↑「こちら」って、どちら?

 

同社の公式サイト上の営業所紹介ページでは、Googleマップが使われているので安心ですが、さっきの“地図アプリのアイコン”のような画像住所表記だけを参考にして営業所にたどり着けたら、ホントに大したもんだと思います。

もしかすると、ポスティングスタッフを募集しているだけに「このぐらいのラフな地図でも営業所や配布エリアにたどり着ける能力が求められるのだ。これで迷うような方向音痴は採用しないのだ」という意思表示なのかもしれません。(←なわけないだろ…)

 

ということで、私自身はこのポスティング会社さんとは何の接点もありませんが、せっかくなのでリンク先だけは貼っておきます。

すばらしい人材が集まりますように。

 

【参考】

このチラシの配布元、反響ポスティングさんの「各営業所の紹介」ページ。↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました