こんな「粉末クレンザー」の断捨離でした。

今回は、洗剤を断捨離してみました。

小ネタです。

断捨離したもの

商品名:ヘンケル社「ATA」

ドイツのメーカーの粉末クレンザーです。

たぶん「アタ」と発音するんだと思います。

ヘンケル社の日本法人サイトワールドワイドのサイトのどちらを見ても、ブランド一覧の中に「ATA」が見当たりませんから、既に終売しているのでしょう。

我が家の台所の片隅で何年もおとなしくしていたATA。ラベルはかなり黄ばみ、キャップ部にはホコリも溜まってます…。

入手時期

「20年前」は大げさですが、現住所に引っ越してきたタイミングなどから考えると、10年〜15年ぐらい前になると思います。

入手先・入手価格

近所のクリーニング屋さんの開店記念、もしくはお年賀、いずれかのタイミングでいただいた粗品です。

入手理由

もともとが粗品なので、欲しくて入手したものではありませんが、確か当時は「このクレンザーか、もしくは別の何か」のどちらかひとつを選ぶ形式だったと思います。

このATAが欲しかったから選んだというよりは、もう一品のほうが当時の私にとって全く不要な物だったので、消去法でATAを選ばせてもらったのだと思います。

「別の一品」が何だったのかは、もう憶えていません。

使用感

台所のシンクや鍋を、この粉末クレンザーで磨いたことが1・2回あると思いますが、国産商品に比べて洗浄力に大きな差があるわけでもなく、焦げ目水垢を落とすためには、それなりの力を込めてこする必要があるなど、良くも悪くも「ふつうのクレンザー」でした。

断捨離の理由

粉末という形状が意外と扱いにくかったこと」

「おなじ粉末なら重曹のほうが用途が広いこと」

「現実問題として、10年以上も使用していないこと」

などの理由により、処分するに至りました。

断捨離の方法

自治体のルールに従い、「燃やすゴミ」として廃棄しました。

代替物・代替手段

前述の通り、「重曹」を使うようにしています。

食品添加物として料理にも使えるものを購入しました。

とはいえ、こちらのボトルにもホコリが…。あと5年もすれば、ATAと同じ運命をたどるかもしれません。

まとめ

日頃のズボラな性格を棚に上げ、つい「焦げ目や水垢を、もっと簡単にスパッと落とせる洗剤はないのか?」と考えてしまう傾向がありまして、洗剤ばかりあれこれと買ってしまいがちなところがあります。

ホントは「洗剤のパワー」よりも「掃除の頻度」のほうが大事なんでしょうけど。