こんな「Apple IDとApple Payの関係」でした。

いきなり結論から。

iPhoneで、Apple IDからサインアウトすると、Apple Payに登録した決済情報が消えます。気をつけましょう」
というのが本日のテーマです。

私はそんなことになるのを知らずにサインアウトしてしまったので、大変慌てました。
せっかくですから、おすそ分けいたします。

Apple IDとは

Appleのデバイスやサービスを利用する時に使うアカウントのことです。
これを使うと、Mac・iPhone・iPad・Apple TVなど、自分が使っているAppleデバイスの環境をクラウド経由で同期し、住所録・スケジュール・メールなどを統一的に管理することができたりします。
ほんの一例ですが、新たに入手した友人の電話番号を複数のデバイスにいちいち登録しなくて済みますから、大変助かってます。
↓詳しくはこちら。

Apple Payとは

Appleが提供する電子決済サービスです。
iPhoneやApple Watchに、自分が所有するSuicaクレジットカードを登録することで、キャッスレスで電車に乗ったり買い物ができたりします。
私は、駅やコンビニでしょっちゅう使っており、便利すぎて、これなしでは生きていけないほどです。
↓詳しくはこちら。

そもそもApple IDをサインアウトした理由

先日ふと気づくと、私のiPhoneの「設定アプリ」アイコンの右上に、通知バッジが「1」と表示されておりました。

これが「メールアプリのアイコン上に通知バッジが『2』」であれば、新着メールが2件届いているという意味になるのですが、「設定アプリ」を開いて各メニュー階層を見て回っても、何が新着通知されているのかがまったく分からず、数日経っても一向に解消する気配がありません。

そこで、ググってみた結果、どうもこれはバグの一種らしく、
Apple IDに登録している電話番号を確認(再登録)するとバッジは消える」
Apple IDからサインアウト → 再サインインするとバッジは消える」
という情報を入手できたため、両方を実践したという次第です。

私の場合、「電話番号の確認」では解決しませんでしたが、「サインアウト → 念のため再起動 → 再サインイン」で通知バッジを消すことができました。

Apple IDの設定画面。ここでサインアウトすることができます。

Apple Payの設定消滅に気づいたきっかけ

Apple IDをサインアウトしてからしばらくすると、利用しているクレジットカード会社AMEXさん)からこんなメールが届きました。

アメリカン・エキスプレスのカードがApple Payから削除されました」とのこと。

最初は、
「ん? 口座残高不足で利用代金が引き落とせずにブラックリストにでも載せられたのか?」
と思ったりもしましたが、そんなこともなさそうです。
そこでiPhoneの「wallet(電子決済するカードを登録・管理するアプリ)」を開いてみたところ、AMEXだけでなく全てのカード登録情報が削除されていることにはじめて気づいたというわけです。

クレジットカードだけでなくSuicaの情報も消えていましたから、もしこのまま駅の改札を通過しようとしていたら、かなり慌てていたことでしょう。
(私はApple Payにカードを7枚ほど登録していましたが、「削除されましたよ」と連絡をくれたのはAMEXさんだけだったと思います。おかげで改札口でパニックになる前に再設定することができました。AMEXさん、さすがです)

Apple Payの再設定

その後、改めてApple Payに各種カードを再登録していったのですが、過去に登録していたカードについてはiPhoneの中に情報自体は残っていたようで、「新規登録しますか?」というよりは「登録を復活させてwallet上にまた並べますか?」というのに近い手順だったかと思います。
なので、再登録自体はサクサク進められました。

で、必要なカードの再登録を全て終えると、AMEXさんからは例によって律儀なメールが送られてきました。

アメリカン・エキスプレスのカードがApple Payでご利用いただけます」だそうです。
ホントにちゃんとしてる会社だと思います。

AMEXよりさらに丁寧なファミマTカード

それから数日後。
ファミマTカードを運営するポケットカードさんから、ハガキが郵送されてきました。

こんな「Apple IDとApple Payの関係」でした。
「大切なお知らせだから、必ずめくって中を見ろ」とのこと。
今度こそ何かやらかしたかと思い、ちょっとハラハラします。

で、圧着ハガキを開封してみたら、こんなメッセージが。

Apple Payの登録、完了してるよ!」だそうです。

まぁ、丁寧といえば丁寧な対応ではありますが、そもそも登録が終わって利用可能になったことは、iPhoneのwalletアプリ上でも確認できるのです。

登録が完了すると、こんなふうにアプリ上でもその旨通知してくれます。

なので、わざわざ郵送費をかけたりせずに、AMEXさんのようにメールで連絡していただくだけでも十分だとは思うのですが、まぁこういうキッチリした企業ポリシーなんでしょうね。

しかもその後、自宅の書類箱を整理していたら、過去にポケットカードさんから全く同じ圧着ハガキをいただいていたことに気づきました。

つまり、ファミマTカードをwalletアプリに「新規登録」したタイミングで、すでに一度「登録完了のご案内」をもらっていたのです。

2回目の「登録完了のご案内」、恐縮です…。

iPhoneの「設定アプリ」に不思議な通知バッジが表示され、それを消すべく「Apple IDからサインアウト → 再サインイン → Apple Payの再登録」をしたばかりに、ポケットカードさんには無駄な郵送費用を発生させてしまったようです。

これが私の落ち度なのかなんなのか、よく分かりませんけれど、通知バッジなど気にしなければこんな形でお手間をかけることはなかったわけですから、恐縮せざるを得ません。

以後、気をつけます。


【余談】
実は、walletアプリにクレジットカードを登録する際には、カードホルダーの本人確認ステップもありまして、それ一つとっても「カスタマーセンター電話でやりとり」を要する会社もあれば、「登録後にショートメールが送られてくるだけの会社もあったりと、各社で方式はバラついておりました。

こういうところに、「セキュリティをどう考えているか」「ユーザーの利便性をどう考えているか」などの企業姿勢が垣間見えるのも事実でして、今後のカード選び(や断捨離)の参考にさせていただこうかと思います。