Konmaru 5段活用

先日、Googleさんを使って当サイトのエゴサーチをしていた時のこと。

予測検索候補として以下のような結果が返ってきました。

「konmaru」で検索しているのに、出てきた予測候補は「konmari」ばかり。

「Googleも、あまりの暑さで暴走したか」と思いましたが、俄然興味が湧いてきたので「konmari」そのものを検索してみました。
その結果がこちら。

konmari(こんまり)とは、「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたこともある「片づけコンサルタントの近藤麻理恵さん」の通称だったようです。

恥ずかしながら、私は今日の今日までこの方を存じ上げませんでしたが、彼女は私のサイトのURLと一字違いの「konmari.com」という英語サイト(日本語サイトは「konmari.jp」)を立ち上げていらっしゃって、おそらく圧倒的なアクセス数を誇っており、そのためGoogleさんは、「『konmaru』? 『konmari』の打ち間違いでしょ、どうせ」ということで「konmaru」の予測検索候補としてこんまりさん関連の結果を返してきたものと思われます。

konmaruとkonmari
サイトURL(ドメインネーム)がたった1字しか違わないとなれば、これはもう親戚も同然。
ということで、「他の1字違い」に対してもkonmariパワーが及んでいるのかどうか、Googleの予測検索候補の結果を調べてみることにしました。

まずは「konmara」から。

コンマリさんの圧勝。

続いて、ご本家の「konmari」。

さすがご本家、日本語の予測検索候補が表示されました。

続いて、既にご覧いただきましたが、もう一度「konmaru」を。

何度見ても、惨敗結果は変わらず。(←同じスクショ貼ってるんだから当然でしょ)

気を取り直して、「konmare」。

想像通りの結果。

そして、最後は「konmaro」です。

「あ〜お」のすべてにおいて、こんまりさんの完勝。どいつもこいつも情けない…。

さらに恥をしのんで補足しますと、「konmara.com」から「konmaro.com」までのサイト検索結果は以下の通りになっています。(今日現在)

  • konmara.com  → 「ページを開けません。サーバが見つかりません」。
  • konmari.com  → こんまりさんの英語サイト。
  • konmaru.com  → 私の当サイト。
  • konmare.com  → 「ページを開けません。サーバが見つかりません」。
  • konmaro.com  → 「ページを開けません。サーバが見つかりません」。

つまり、「konmara」「konmare」「konmaro」は、その名を冠したサイトがないのですから、予測候補結果がkonmariさんに蹂躙されているとしてもそれはある意味当然であり、konmari側の不戦勝という側面が強いのです。

それに比べて、konmaru.com。

サイトは存在しているのに、これほどまでに蹂躙されるとは、なんとも情けない…。

 

ちなみに、予測検索候補のトップに出てくる「konmari spark joy」が気になり、これも調べてみたのですが、こんまりさんの“お片づけメソッド”で最も特徴的とされる「Does this spark joy?(これは(あなたにとって)ときめくものなの?)」に由来するものであることが分かりました。

なるほど…。

私も機会があればこんまりさんの本でも読んでみることにします。

その結果、「ブログサイトの運営って“ときめき”がないよねぇ」となるかもしれませんが、まぁその時はその時として。

(英文字を検索するのに「a/i/u/e/o」を意識してしまうバカバカしさにも目をつぶっていただければ幸いです)