こんな「カーテン」の断捨離でした。

クローゼットの奥深くとか、押入れの天袋など、踏み台でもないと手が届かないようなスペースに突っ込んである段ボール箱って、中身どころか、その箱の存在すら記憶から遠のいてしまいがちです。

つい先日、私もひょんなことから“謎の段ボール箱”の存在に気づいたため、意を決して中身の確認と断捨離をすることにしました。

私の記憶が正しければ、現在の住居に引っ越してきた直後に1度だけ開封し、その後、25年間もクローゼットの肥やしにしていた代物です。

 

で、慎重に取り出したのが、この段ボール箱です。

慎重に取り出したのは、左上の「カーテン」という手書き文字が読めないほどにホコリが積もりまくっていたからです。ゲホッ。。。

 

室内の空気清浄機が、猛烈に反応しました。

ダストランプがここまで赤くなったのは、久しぶりです。何たって、25年ぶりに発掘した段ボール箱ですからね。

 

断捨離したもの

商品名:クリーム色の遮光カーテンと、レースカーテン(レースカーテンには「東洋紡」のタグあり)

恐る恐る開けてみました。気分はすっかりインディ・ジョーンズです。

 

入手時期

今住んでいる住居の「一つ前の住居に引っ越したタイミング」だったので、1991年とか1992年とか、だと思います…。

 

入手先・入手価格

当時はネット通販サイトもありませんでしたから、最寄りの東急ハンズでオーダーして作ったものだと思います。

天井が妙に高い物件で、サッシ窓の高さもけっこうあったため、わりと金額が張った印象がありますが、具体的な価格は覚えておりません。

 

入手理由

「サラリーマンになって2・3年経ち、収入も安定してきたから、ちょっとだけ家賃の高い物件に住もう」ということで、引っ越した先の(天井の高い)物件用に作らざるを得なかったものです。

「こんなに窓がデカイなんて気づかなかったなぁ。予定外の出費になっちゃったなぁ。もっと事前確認しとけばよかったなぁ」と少々後悔しながら代金を支払ったような気がします。

 

使用感

当時は「どうせ買うなら長持ちするものを。長持ちさせるなら良いものを。良いものとは高いもの」と単純に思い込んでいましたから、遮光性能が極めて高いカーテンを買わせてもらいました。
そのおかげで、カーテンを閉めれば昼間でも室内をほぼ真っ暗にできましたので、いろいろ重宝しました。

遮光カーテンの裏地。ビニールでコーティング加工されているので、「生地の折り目のすき間から光が漏れる」ことがありませんでした。

 

断捨離の理由

25年前(四半世紀前…。遠い目)に今の住居に引っ越してきたのですが、このカーテンでは現物件のサッシ窓の大きさに対して「高さが余り、幅が足りない」状態でしたので、また新調せざるを得ませんでした。

普通なら、そのタイミングで古いカーテンを処分するんでしょうが、「また数年後にサッシ窓の大きな物件に引っ越すかも。そしたらまた出番があるかも」とケチ臭いことを考えたため、当面キープしておくことにしたわけです。

とはいえ、その「当面」が結局25年間になってしまいました…。

四半世紀を経てせっかく段ボール箱の存在に気づいたわけですから、ここで潔く処分してしまうことにした次第です。

思い切り黄ばんだ(黒ずんだ?)レースカーテン。前の住居内では普通に喫煙してましたからねぇ。なのにクリーニングにも出さずに箱詰めしたという。w

 

断捨離の方法

地元自治体の清掃事務所ルールに従い、「燃やすゴミ」として廃棄しました。
(金属フックは、はずして金属ゴミへ)

 

代替物・代替手段

今の住居で使用しているカーテンが、それです。

代替といっても、もう25年選手ですが。

 

まとめ

  • カーテンを保管するなら、クリーニングしてから。
  • これまで使っていたカーテンを引越し先で流用するのは、窓の数や大きさが異なることが多く、ほぼあり得ない。
  • カーテンの流用を意識した物件探しなど、するワケもないし。
  • 引越しするならカーテンも新調したほうが気分も変わる。
  • クローゼットの奥や押入れの天袋に「お宝」は眠っていない。“まっくろくろすけ”がいるだけ。

 

こんな感じでしょうか。