こんな「寝ぐせ直しフォーム」の断捨離でした。

今回は、こんなものを断捨離してみました。

断捨離したもの

商品名:ウテナ「プロカリテ バクハツ直しフォーム」

中身の液体が、まだ半分弱ほど入っていました。

入手時期

昔過ぎて、全く覚えていません。

ただ、amazonさんのサイトに登録されたのは2007年8月14日とのこと。

かつ、終売になったのは2009年1月30日らしいです。

なので、発売されていたこの1年半のどこか(2008年とか)で買ったものと思われます。

(ということは、使うのをやめてから、10年間ぐらいほったらかしだったということですね…)

入手先・入手価格

近所のドラッグストアで購入しました。

価格は覚えていませんが、パッケージには「270mL 680円(税抜き)」とあります。

高いのか安いのか、よく分かりません。

入手理由

2008年当時はサラリーマンとして普通に朝起きて身支度を整え、決まった時刻に家を出るという生活を送っていましたが、頭髪の「くせ毛」や「寝ぐせ」に悩んでいた時期でもありました。

起床後、時間に余裕があればシャワーを浴びるので、だらしない寝ぐせは解消するのですが、寝坊のせいでシャワーを断念せざるを得ないこともしばしばで、そんな緊急時に「シャワーで髪を濡らさなくても、なんとか寝ぐせを解消する方法はないものか」と探した結果、この商品にたどり着いた次第です。

使用感

ポンプを3回ほどプッシュし、出てきた泡を髪の毛になじませていくと、確かに「寝ぐせ」だけでなく「くせ毛」も含め髪の毛のゴワゴワ感は抑えられました。

しかし、フォームがついた手のひらがちょっとベタつくので、整髪後の手洗いは欠かせませんでした。

同様に、髪の毛にも多少のベタつきが残るため、スタイリングと手洗いが終わってから髪を触ってしまうと、再び手がベタついてしまい、いくぶん不快だった記憶もあります。(手のひらについては潔癖症気味なもので…)

また、朝のシャワーを割愛してこのフォームを使うのですから、寝汗をかく夏場だと、「うー、タダでさえ汗でベタベタしてる頭髪を、これ以上にベタつかせるぐらいだったら、遅刻覚悟でシャワーを浴びちゃえ」という感じになっていき、やがて使用を中断してしまったのだと思います。

断捨離の理由

前述のような理由に加え、「多少のくせ毛を残してでもおかないと、頭髪ボリュームの寂しさをカバーできなくなってきた」という、10年前とは真逆の事情によるところが大きいかと思います。

それにしても、再度使う見込みが全くない商品を、よくもまぁ10年も洗面スペースの片隅に放置していたものです。

断捨離の方法

中身の液体は洗面台に流し、「プラ」マークのついているボトルは自治体の処分ルールに従って廃棄しました。

代替物・代替手段

髪の毛を強制的に「サラサラ(≒スカスカ)」にすることを目的とした商品は、その後購入しておりません。

まとめ

この記事を書くにあたり、廃棄する直前に1回だけ使ってみたのですが、泡の「香り」や「ちょっとベタつく手触り」は、ほぼ当時のままでした。

そのおかげで、頻繁に使っていた「購入直後数週間」の頃の記憶があれこれと蘇りました。

嗅覚と触覚は、昔の(ほぼ忘れていたような)記憶を、驚くほど呼び覚ましてくれるもんだと、つくづく思います。

ということで、思い出した記憶についても、このまま断捨離することにします。