新型コロナワクチンの4回目を接種してもらった。

今年2月の3回目ワクチンに続き、7月下旬に4回目の接種をして来ました。

 

現在のところ、4回目接種の対象者は「60歳以上」「18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する人 ならびにその他重症者リスクが高いと医師が認める人」となっておりまして、私は後者の枠に該当しております。

 

接種までのフローとしては…、

  • 自治体に対し、接種券を自分から申請。(60歳以上にはプッシュ型で送付されているらしいです)

  • 接種券と接種会場(クリニック)の一覧表が届いたら、前回(3回目)から5ヶ月以上経過する日で任意の接種会場を予約。

  • 当日は、問診票(起床時の体温も)を記入し、保険証を持参してクリニックへ。そしてお注射。

 

と、こんな感じです。

 

わりと近所に大規模接種会場もあるのですが、3回目としてそこでモデルナを接種していただいたところ、2週間近く微熱・悪寒・倦怠感が続いたため、ファイザーを打っていただけるかかりつけのクリニックを予約しました。

ちなみに、かかりつけクリニックでの予約枠は1週間ぐらい先でないと空いておらず、第7波の影響を実感させられました。

 

ファイザーの副反応についてですが、私の場合…、

  • 1回目のファイザー:翌日ぐらいまで接種部位周辺の腕が痛む程度。
  • 2回目のファイザー:接種部位周辺の痛みすら感じないほどの無反応。
  • 今回のファイザー:翌日ぐらいまで腕の痛みと超微熱。

といったレベルであります。

 

当日いただいた接種済証。↓

新型コロナワクチンの4回目を接種してもらった。

 

で、接種の2日後。

厚労省・デジタル庁謹製の「接種証明書アプリ」で“メニュー → 接種証明書の発行”と進めてみたところ、しっかりと「4回目打ってます」の証明がいただけました。↓

 

ということで、基礎疾患持ちの私はさっさと接種させていただいたというお話でした。

もちろん、打つ・打たないは個人の判断に委ねられます。どなた様も健康でありますように。

関連リンク

厚生労働省による「コロナワクチンナビ」。↓
(接種を実施している会場・クリニックが検索・予約できます。)