こんな「お宅探訪」でした。【東京都庭園美術館】その4(3階編)

「東京都庭園美術館」の探訪記録の4回目をお届けします。

前回は「プライベート感たっぷりな2階」をご紹介しましたが、今回は本館3階の「ウィンターガーデン」を探訪してみましょう。

【今回も、念のため】

本展『建物公開 旧朝香宮邸物語』の期間中(3月21日〜6月12日)は、本館内での写真撮影は、一部エリアを除き、OKとなっています。
また、「撮影にあたっての諸注意」に従いました。

では、今日もおじゃまいたします。

「1階編」でもご紹介した第二階段を登ってみます。

プライベート感のある第二階段。

踊り場から1階を見下ろしました。

ここだけ見ると、どこぞの古い大学の洋館校舎みたいです。

途中に、3階・ウィンターガーデンを見学するにあたっての注意事項が掲示されていました。

学芸員さんいわく、「緊急避難経路が1箇所(さっきの階段)しか確保できない構造のため、期間限定公開にして、定員も10人に絞り、10分以内の滞在という制限をつけている」のだそうです。

この階段をのぼって3階に向かいます。

さすがにこの辺の装飾はシンプルになってきました。

踊り場から3階を見上げてます。これをのぼると、いよいよウィンターガーデンです。

2階の天井に吊るされている、カラフルで金平糖のような形の照明が見えます。私はこの照明が一番好きでした。

はい、これ。ウィンターガーデン

「ウィンターガーデン=冬の庭」すなわち温室です。

たかが温室なのに、市松模様の白黒大理石に真っ赤なチェアって、かっこよすぎて泣きそうです。

見たことありませんが、もしかしたら今上陛下がお住いの吹上御所よりカッコよかったりするんじゃないでしょうか。

ちなみに、このチェアセットは、1932年に殿下ご自身が松坂屋(デパート)で買ったものだそうです。実物だそうです。

80年以上昔に、このデザインのチェアって、ちょっと信じがたいです。。。

温室なので、暖房ヒーターがありますし、不思議な位置に水道の蛇口もあります。

植物に囲まれ、宮様御一家はいったいどんな会話をなさっていたんでしょう。

庭園の向こう側に、高層ビルがチラ見してます。

当時はどんな景色が見えたのでしょうか。

窓ガラスの開閉レバーまでカッコよく見えてくるから不思議です。

赤いチェアとウィンターガーデン、いいものを見せてもらいました。

【余談】

この「建もの」を美術館としてではなく「宮様のお宅」として考えると、もっと色々な部屋があってしかるべきと思い、学芸員さんに質問してみました。

問:食堂は見ましたが、厨房は?

答:

今もありますよ。

1階・大食堂と小食堂の間の通路を通り、新館連絡口に左折する部分がありますよね。

あそこを左折しないで突き当たりの奥に行くと厨房があります。非公開ですけど。

小食堂の近くに配膳室もありましたし、配膳室から小食堂にお料理をお出しする小窓も残ってますよ。

問:侍従の部屋もあったんですよね。

答:

はい、侍従の部屋運転手の部屋もありました。

ちなみに、宮邸全体は洋館ですが、職員たちが休む部屋は和室でした。

やっぱり和室の方がくつろげた時代だったんでしょうね。

だそうです。ほほぉ〜。 あぁ、楽しい。

それにしても。

宮様御一家が公的・私的に利用した部屋の数々は(風呂場まで含め)丸裸にしてるクセに、事務方・裏方のプライベートスペースは公開しないとは、一体どういう了見なのでしょう。

悪意ある官僚の差配などではなく、単に「そんなもん、誰も見たくないでしょ?」ということなのだと想像しますが、中には私のような「バックヤードツアー大好き人間」も確実にいますので、ぜひ善処していただきたいものです。

庭園美術館の「建もの探訪」はこのぐらいにして、次回は「庭園」のほうをご紹介したいと思います。

※ちなみに、新館の展示(フランス絵本関連)は、展示品の大半が撮影NGだったので、割愛します。