もしかして「尿路結石」になったのかも。

以前、「血尿」の症状について書かせてもらいましたが、あれから半年以上の経過観察を経て、先日再度泌尿器科を訪問し、尿検査・エコー検査などを受けさせていただきました。

その結果、ドクターからは…、

  • 血尿なし。

  • 膀胱はエコーで見ても問題なし。

  • 2月の検査ではPSA値が低く、前立腺がんの可能性は低いため、これでいったん経過観察も終了。

  • ただし前立腺が肥大気味。今後、頻尿・血尿・血精液などを含め、前立腺肥大症状が気になるようであれば、来院するように。

とのことで、なんとか無罪放免となりました。

 

ところがそれから1ヶ月もしないある日の朝、以下のような別症状が出てきました。

  • 右側の腰に鈍い痛みを感じて目を覚ます。

  • 「睡眠姿勢が悪かったのか?」と思ったのも束の間、背中から腰、さらには陰部(分かりやすく書くと、睾丸です)方面にかけて鈍痛が広がっている模様。

  • 激痛ではないものの、じっとしているのが辛く、さらにはお腹も渋くなってくる。

  • 発熱しているわけでもないのに、上半身が汗びっしょり。(それなりに痛かったということでしょう)

  • これらは10〜20分程度で治ったものの、約2時間後に同じ症状が再発。

  • と同時に、以前の血尿とは違うものの、妙に茶色い尿が出たことも。

  • ここ1〜2年、へその右横5センチぐらいの場所が時折チクチクと痛むことがあり、だいたい数秒で治るので特に気に留めてこなかったが、ここ数ヶ月間はチクチクの頻度が増えてきた印象あり。

 

「へその右横がチクチク痛い」以外の症状は、今のところこの1日だけで終わっていますが、この先も繰り返すのだとしたら、いささか憂鬱ではあります。

で、あれこれググってみたところ、尿路系疾患、とりわけ尿路結石の症状とおおむね一致しているようです。(参考にしたのは、こちらこちら

せっかく“卒業”させていただいた泌尿器科ではありますが、もし尿路結石だとすると、将来激痛に襲われることもあるそうなので、素人判断はこのぐらいにしておいて、今のうちに再訪問しておいたほうが良さそうです。

そんなわけで、「あーあ、歳とったなぁ」というお話でした。
(老いていくことに未練はないのですが、痛いのだけは何としても避けたいです…)