賃貸物件を日本全国から一発検索する方法。

進学・就職・転校・転勤・転職などによって引越しする人は世の中にたくさんいらっしゃいます。

そういう時に便利なのが、エリアや家賃、間取り、付属設備などの条件で新居候補を探せる「不動産物件検索サイト」です。

しかし、通常の引越しにおいて、隣接していない複数の都道府県から候補物件を検索する人は、ほとんどいないと思われます。(岐阜市内の企業に通うための新居を「岐阜県と埼玉県と秋田県」から探す人は、まずいないでしょう)

そのため、ほとんどの物件検索サイトでは「複数の都道府県にまたがる検索」とか「九州全県で検索」とか、ましてや「全国全域から検索」ができるようにはなっていないようです。

普通はそれで何の支障もないのですが、

  • 早期退職・早期リタイアをした。(通勤がなくなった)
  • フリーランスの個人事業主ではあるが、ネットとパソコンがあれば、どこに住んでいてもやっていけるような職種である。
  • 今は所帯を持っていない単身者なので、とても身軽
  • つまり、(家賃も物価も高い)東京都内に住み続ける必要がなくなった。
  • よって、なるべく家賃を節約できる物件に引っ越したい。エリアは特にこだわらない。

というような事情があると、「希望条件を満たす候補物件を、日本全国から探したい」というニーズが発生するわけです。( → 今の私がそうです)

で、いろんな物件検索サイトを触ってみた結果、『LIFULL HOME’S』さんだと「条件に該当する物件を日本全国から一発検索できる」ことが分かってきました。

せっかく見つけた検索方法なので、おすそ分けしてみます。

(他のサイトでも可能なのかもしれませんが、私が“日本全国一発検索”のやり方を見つけられたのはLIFULL HOME’Sさんだけなので、その前提で話を進めます)

1. まずはふつうに検索

  • LIFULL HOME’Sのサイトにアクセスします。↓
  • とりあえず「地図から検索」に進みます。↓
  • 今回は「賃貸物件」で探します。↓
  • どこでもいいので、まずは1県指定します。(ここでは東京都を選択)↓
  • なるべく多くの候補物件を見たいので、ここではあえて何の条件も指定せずに「該当物件を表示」させます。↓
↑この段階で条件を絞りたい人は条件を指定しても構いません。
  • すると、東京都庁を中心とした地図上に無数の候補物件がプロットされます。↓
↑これで、下準備は完了です。

2. 地域の絞り込みを解除して「全国全域」にする

  • 「地図表示」から「リスト表示」に切り替えます。↓
↑赤矢印部分を選択します。
  • リスト表示に切り替わりました。
    • この日の時点で、LIFULL HOME’Sに登録されている東京都内の賃貸物件は213,848件だったことが分かります。
  • 次に、「選択中の地域 / 路線・駅」欄の「探し方の変更・選択の解除」をクリックします。↓
↑赤矢印部分をクリック。
  • 当該欄が下にニュルッと広がり、そこに表示される「エリアの絞り込みを解除」をクリックします。↓
  • 念押しのメッセージが出たら「OK」で進みます。↓
  • しばらく待っていると、地域選択がクリアされた(=全国全域を対象とした)検索結果一覧が表示されます。めでたしめでたし。↓
この日時点の日本全国における賃貸物件の登録数は1,615,464件だそうです。

3. 日本全国の賃貸物件を並べ替えてみる

  • ここまでくれば、あとは並び替えてみたり、好きな条件で絞り込んだりしていくだけです。
  • デフォルトの並びは「おすすめ順」になっていますが、この日私に「おすすめ」されたのは「東京都国立市の20平米、7万円前後の1K新築物件」でした。
    • 最初の2件は広告物件のため考慮しておりません。↓
↑日本中にある160万物件の中から、なぜこれがおすすめされたのか、興味が湧くところではあります。現住所からの距離も賃料も妙にリアルですし。w
  • 続いて、並びを「賃料が安い順」にしてみました。いわば「この時点での日本一安い賃貸物件」ということになります。
  • すると「月額5,000円、管理費なし」の物件が2つ出てきました。↓
↑この時点での日本最安コンビ。
  • 1件目は山形県最上町の物件。
  • 和室6畳に板の間と押入れだけ」という間取り図が、正しいのか間違っているのか、判断すらつきません。↓
↑これで5,000円は、むしろ高いかも…。
  • 2件目は北海道様似町(←読めない…)の「約40平米、築55年の共同住宅」です。↓
↑さすがに自分より年上の物件はご遠慮しておきたいです。
  • 一方、「日本一高い物件」も見てみましょう。
  • 並び替えてトップに出てきたのが「東京・文京区、23平米、築19年、月額7億8000万円(管理費10,000円)」のワンルームマンションです。
  • 明らかに、賃料の登録ミスですよね。w ↓
↑賃料は78,000円&管理費10,000円が正解かと思われます。
  • というふうに「賃料登録ミス」っぽいのを除外していった結果、この時点での「本当の日本一の高額物件」は、「東京・世田谷区上野毛、455平米、5SLDK、月額220万円」の一戸建て物件だったようです。↓
↑もちろん「LIFULL HOME’S」に登録されている物件に限っての話ですが、日額7万円の家があるんですね。私なら1泊5万円ぐらいのホテルで長期滞在する方がいいです。

4. 日本全国の賃貸物件を絞り込んでみる

  • 続いて、全1,615,464件の賃貸物件を、私の希望条件で絞り込んでみました。

追加条件1:物件種別を「マンション」に限定。

  • 891,441件(全賃貸物件のうちの55.2%)
    • 一気に半分近くまで減りました。

追加条件2:賃料を「9万円未満」かつ「共益費・管理費を含む」に。

  • 734,846件(全賃貸物件のうちの45.5%)
    • 家賃はもっと安い設定でもよかったかもしれません。

追加条件3:占有面積を「30平米以上」に。

  • 381,568件(全賃貸物件のうちの23.6%)
    • ここでまたガクッと減りました。

追加条件4:「鉄筋系・鉄骨系」「2階以上」「室内洗濯機置場」「築年数30年以内」をまとめて。

  • 182,463件(全賃貸物件のうちの11.3%)
    • さらに半分に。

追加条件5:「駅徒歩10分以内」に。

  • 97,645件(全賃貸物件のうちの6.0%)
    • ついに物件数は5ケタへ。

追加条件6:「“和室”を除く」。

  • 特定のキーワードを除く」機能を使って、物件情報のどこかに「和室」というテキストが含まれるものを除外してみました。
  • その結果、残ったのは71,124件(全賃貸物件のうちの4.4%)
    • 物件を下見するには、まだ多すぎますね…。
↑こんな機能を使って「和室」を除外しました。

追加条件7:間取りを「1LDK」「2LDK」に限定。

  • 35,278件(全賃貸物件のうちの2.2%)
    • さすがに疲れてきたので、ここで打ち止めとしました。
  • この中で「おすすめ順」トップだったのが、「埼玉県越谷市、2LDK、50平米前後、9万円」の新築物件でした。↓
↑9万円で2LDKの新築なら、まぁ悪くはないですよね。
  • 最安値の物件」は、「大阪市北区西天満、築11年、1LDK、41平米、月額1万円(管理費など12,850円)」の築浅マンションです。
  • ただ、これはどう考えても安すぎなので、こちらも例によって「賃料の誤登録」なんだと思われます。↓
↑「賃料だけで10万円」が正解ではないかと推察します。
  • で、誤登録っぽいものを除外していったところ、ここまでの私の条件を満たす物件の中で最も安かったのは「栃木県壬生町、築26年、1LDK、36平米、管理費など含めて32,000円」の物件でした。↓
↑前述したような諸々の条件を満たすためには、今の日本では最低でも32,000円はかかるということです。

まとめ

以上、興味の赴くまま全国一発検索をやってみましたが、「あぁ〜、日本のどこかに〜、私を待ってる部屋がある〜」という鼻歌とともに、全国各地を探訪するような気分にひたれますので、おヒマな方や引っ越しマニアの方にはオススメです。

あえて贅沢を言えば…、

  • 全国の県庁所在地政令指定都市限定して一発検索したい。(それ以外の地方都市は除外したい)
  • 「最速交通機関を使うと、どこそこまで◯時間以内(◯円以内)で到着できる」という条件を指定したい。
  • 各種施設までの距離」で一発検索したい。(下記はその例)
    • 公立図書館まで2km以内
    • かつ、スポーツクラブまで3km以内
    • かつ、コンビニまで500m以内
    • かつ、ドトールまで800m以内  などの複合検索

といったあたりの機能を追加していただけると、もっと楽しく遊べるようになるのではないかと思います。