早期リタイア後の予定表を振り返る

前回、「早期リタイアしてから2年目ともなると、もろもろの雑事が減ってくる」というお話をさせていただきました。

そのことを、感覚ではなくデータで確認してみようと思います。

私は、パソコンやスマホでマメにスケジュール入力をしていますので、特徴的な週を振り返りながら、1年目と2年目を比較してみます。

まずは、昨年の4月9日の週、すなわち「リタイアしてから2週間後」のスケジュールから。

この頃は、とある機関で研修を受けていたこともあり、1時間刻みで組まれたカリキュラムを1日に何個も受講していたことが分かります。

週の頭の日曜日には、前職関係のお付き合いで個人宅を訪問したり、水曜日には年金事務所での手続きもしてます。かなり用事が立て込んでいました。

続いてその翌週、昨年の4月16日週です。

この週は「研修カリキュラム」はほとんどありませんが、それでもこれだけスケジュールが埋まっておりました。

月曜はハローワーク、水曜は上野でフリーランス関係の打ち合わせなど。それ以外に各種荷物の発送・受取りの手配などがありました。まさに、ザ・雑事です。

少し飛んで、昨年8月中旬のスケジュール表から。

その日じゅうにやっておかならければいけない「To do」的な用件を「終日予定」として入力し、終了したものに「」と書き加えるようにしているのですが、この週はそんな「終日予定」だらけでした。

生命保険金融機関との手続き、検診申し込みなどが目白押しでした。土曜日の長時間予定は「飛行機に乗っている時間」です。おそらく旅行前に各種手続きを終えておきたかったのだと思います。

続いて昨年の12月下旬です。

火曜と木曜の午前中に、それぞれ宅配便の受け取りが予定されていたぐらいです。このあたりになると、さすがに少し余裕が出てきたようです。

週末の夜に「スターウォーズ」を鑑賞すべく映画館に出かけてます。そのくらい余裕があったのでしょう。

次は、今年の2月上旬

日曜日と週末の土曜日にしか予定が入っていない週でした。

サラリーマン時代の真逆ですね。

日曜日は午前に荷物を受け取り、夜は元同僚と晩ごはん。土曜日は所用で相模原市へ出かけた、という感じの1週間でした。

今年の3月下旬です。

終日予定」しかありません。しかも21日の終日予定は「春分の日」ですから、全体的にかなり落ち着いて来たようです。w

「春分の日」以外も、家族・知人の「誕生日」や振込予定などですから、実にのんびりした週でした。

こちらは、今年の7月から8月にまたがる1週間です。

ちょうど旅行中だったのですが、そんな時でもいろいろ予定を埋めまくっていたようです。

といっても、大半が「マッサージの予定」関連だったりします。w

で、その旅行の翌週です。

予定が土曜日の「山の日」だけになってしまいました。

旅行の翌週なので、旅疲れを警戒して用事を入れるのを控えた結果、こうなりました。

そして今週

「祝日や終日予定」も含め、ついに予定が一つもない状態となりました。

昨年3月末の早期リタイア以降、「スケジュールが真っ白」となった週は、ここが初めてです。

ちなみに、今のところ来週も真っ白です。

2週連続の「予定なし」など、サラリーマン時代には考えられませんでした。感動すらおぼえます。

念のため申し添えますが、各種パソコン作業など「フリーランスの個人事業主として自分1人でやる仕事」の時間は、いちいちスケジューラに入力しておりません。

よって、毎日寝て暮らしているわけではありませんので、誤解のなきよう。

ちなみに、サラリーマン時代の典型的な週間スケジュールがこちらです。

定例・非定例を含め、朝から晩まで「会議・打ち合わせ・プロジェクト・行事」のオンパレードです。

このすき間をぬって自分の個人作業をこなしていたのですから、我ながら良くやっていたと思います。

この週は確かに予定が立て込んでいますが、これで極端に多いというわけでもありません。ほぼ連日、最低でも「この半分ぐらい」の予定はあったと思います。「会議嫌い」にはとても耐えられないと思います。(好きな人などいるのでしょうか?)

ということで、どちら様も「時間」は有意義に使われますように。