こんな「2018年・秋の新ドラマ」でした。

「全録型のハードディスクレコーダー」を購入してから数年経った今頃、初めて「『新番組』マークが付いた番組を自動で録画する機能」を使ってみました。

結果として、多くの新ドラマが録画リストに追加されましたが、せっかくなので「新ドラマの初回」をひと通り視聴している昨今です。

で、ほぼ第1回が出揃いましたので、初回の感想などをまとめておきます。

まずは、月曜日〜土曜日の帯ドラマから。

NHK 『連続テレビ小説 まんぷく』

インスタントラーメンを発明した日清食品創業者さんをモデルとしたドラマです。

万引き家族』の名演でも注目された安藤サクラさんがヒロインを務めていて、天真爛漫(というか能天気というか)なキャラクターをうまく演じていらっしゃいます。さすがの上手さです。

お涙ちょうだい的なシーンが多いのが気になりますが、まだ始まったばかりですから、もう少し見続けてみます。

連続テレビ小説「まんぷく」
 
連続テレビ小説「まんぷく」|NHKオンライン
https://www.nhk.or.jp/mampuku/
連続テレビ小説「まんぷく」公式サイト。今や私たちの生活に欠かせないものとなった「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の知られざる物語を描きます。何度も失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を繰り返した末、二人は世紀の大発明へとたどりつく――人...

月曜日。

テレビ東京 ドラマBiz『ハラスメントゲーム』

予想以上に楽しめました。

パワハラで左遷されていた主人公(唐沢寿明さん)が、社長の「ある狙い」によって、あろうことかコンプライアンス室長として本社に復帰し、様々なハラスメントに向き合うというストーリーです。

昔オンエアされた『ラブ・コンプレックス』を彷彿とさせるような唐沢さんの怪演が光ります。

と同時に、結構ジーンとくるドラマでもあります。

一話完結の見やすさも相まって、継続視聴決定。

フジテレビ系 『SUITS/スーツ』

往年の大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』で共演した織田裕二さんと鈴木保奈美さんが、再び月9ドラマに登場というあたりも話題らしいです。

アメリカの同名ドラマの日本版でもあり、ストーリーとしては手堅い感じがしますし、そのせいもあってか、妙にアメリカかぶれしたキザなセリフまわし(嫌いじゃないです)が多用されてますが、織田さんの演技が上手くてハマリ役だと思います。

同僚役の小手伸也さんの芝居がちょっと暑苦しいですけど、もうちょっと見続けます。

火曜日。

TBS系 火曜ドラマ『中学聖日記』

21世紀版の『魔女の条件』といった感じでしょうか。

教頭役の夏木マリさんの演技が(いい意味で)気持ち悪くて、いいです。

教師(有村架純さん)に恋する生徒役の岡田健史さんが、『魔女の条件』の滝沢秀明さんほどの「キラキラのイケメン」じゃないのが好感が持てます。w

フジテレビ系 『僕らは奇跡でできている』

主役は高橋一生さんですが、なぜか生理的に受け付けないところもあり(←おい)、5分ほど見て削除してしまいました。

よって継続視聴もナシです。

www.ktv.jp
 
僕らは奇跡でできている | 関西テレビ放送 カンテレ
https://www.ktv.jp/bokura/index.html
高橋一生が民放GP帯連続ドラマ初主演!クスッと笑えて、ハッと考えさせられ、最後はほっこり。生き物の“フシギ”に夢中な“フシギ”な大学講師が、周囲の人々の“フツウ”をざわつかせる!?

Dlife『ゴースト 〜天国からのささやき シーズン1』

BSのDlifeで始まった、アメリカのドラマです。

死者と会話できる女性霊能者が主人公。

ということで、以前wowowで放送された『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』と設定がそっくりですが、今回の主人公は『ミディアム』よりもグッと若く、新婚であるというあたりが最大の違いかと。

このテの設定が嫌いじゃないので、もう少し見続けます。

Dlife公式
 
ゴースト ~天国からのささやき シーズン1|海外ドラマ|Dlife/ディーライフ公式
https://dlife.disney.co.jp/program/drama/ghostwhisperer_s1.html
ゴースト ~天国からのささやき シーズン1を見るなら無料BSチャンネルDlife/ディーライフ。全国無料のBSテレビ局Dlifeでは人気の海外ドラマが全部無料!見逃し配信も。

BS12 是枝裕和ドラマ『ゴーイング マイ ホーム』

2012年にフジテレビ系で放送されたドラマの再放送

当時は一切見ておりませんでしたが、カンヌ映画祭でグランプリを受賞した是枝裕和さんが脚本・監督・編集を務めたドラマなんだそうです。

わざわざ「是枝裕和ドラマ」と銘打つあたりに「そんじょそこらの地上波民放ドラマを単に再放送してるだけじゃないぞ」というBS12さんの力の入れようがうかがえます。

その謳い文句につられて見てみましたが、ちょっと面白そうな予感がします。

継続視聴します。

水曜日。

日テレ系 『獣になれない私たち』

各種番宣も拝見しましたが、どうも食指が伸びず、未視聴のまま削除しました。

よって継続視聴ナシです。夢中になれない私。

テレビ朝日系 『相棒 season 17』

今晩が第1回なので、まだ見ておりません。

とりあえず今晩分は見てみるつもりですが、さすがに17シーズン目になってからキャッチアップすることに若干の「気おくれ感」もありますので、よっぽどのことがなければ今晩の視聴で終了すると思います。

木曜日。

テレビ朝日系 『科捜研の女』

こちらもテレビ朝日さんの名物ドラマで、なんと18シーズン目とのこと。

午後の再放送で何度か目にしたことがありますが、そのたびに沢口靖子さんのセリフ棒読み口調が気になってしまいます。

明日が初回ですが、たぶん見ずに消しちゃうと思います。

テレビ朝日系 『リーガルV 〜元弁護士・小島遊翔子〜』

元弁護士役の米倉涼子さんが活躍する法廷もの(弁護士もの)です。

高額な弁護士報酬を追うあたり、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』を彷彿とさせますが、主人公(米倉さん)が「駅弁好き」だったりと、キャラ作りが面白いです。

米倉さんが設立した法律事務所で代表を務める「弁護士資格はあるが実務経験なしの法学者(高橋英樹さん)」が、もうちょっとハッチャケた芝居をして下さると、より面白くなりそうな気がします。

しばらく継続視聴してみます。

フジテレビ系 木曜劇場『黄昏流星群』

中年・熟年の不倫もの。

映画『失楽園』でも不倫する女性を演じた黒木瞳さんがヒロインです。

夫(佐々木蔵之介さん)が不倫するだけでなく、その妻(中山美穂さん)までが若い男に惹かれていくのが『失楽園』にない新しさでしょうか。

あまり期待せずに、もう1話ぐらい見てみようと思います。

金曜日。

NHK ドラマ10『昭和元禄落語心中』

チラッと見ましたが、肝心の落語シーンがイマイチだったように感じましたので、継続視聴ナシです。

昭和元禄落語心中
 
昭和元禄落語心中
https://www.nhk.or.jp/drama10/rakugo/
岡田将生、落語の名人を演じる!累計200万部突破、雲田はるこさんの人気コミック「昭和元禄落語心中」をドラマ化。友情・情愛・嫉妬・別れ、そして親友の事故死を巡るミステリー…濃厚にして豊穣なヒューマンドラマ。

テレビ朝日系 金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』

相葉雅紀さんが主役の「ほのぼの系の獣医ドラマ」です。

「ほのぼの」の、それ以上でもそれ以下でもなさそうなところが微妙でした。

2話目を見たら、おそらく私は離脱すると思います。

TBS系 金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』

女医(戸田恵梨香さん)が、婚約者の医者(松岡昌宏さん)を捨て、引越し屋さんで働く売れない作家(ムロツヨシさん)と恋するけど、ヒロインの女医が「若年性アルツハイマー」になっていくという、ちょっとあり得ないストーリーです。

ムロツヨシさんの演技はあまり好きではありませんでしたが、このドラマに関しては意外にハマり役な感じがしました。

もしかしたら面白くなっていきそうな気がしますので、しばらくお付き合いしてみます。

テレビ東京系 金曜8時のドラマ『駐在刑事』

あさって19日が初回とのこと。

とりあえず、あまり期待をせずに見てみます。

土曜日

NHK 土曜ドラマ『フェイクニュース』

20日が初回のようですが、前編・後編の2回だけで終わるみたいなので、見てみようと思います。

フェイクニュース
 
フェイクニュース
https://www.nhk.or.jp/dodra/fakenews/
「全てが真実になり、全てが真実でない時代だ」“フェイクニュース”との戦いに挑む社会派エンタメドラマ 土曜ドラマ「フェイクニュース」

日テレ系 『ドロ刑 ー警視庁捜査三課ー』

子供から大人まで誰もが楽しめる、新感覚刑事ドラマ」だそうです。

曜日・時間帯的にはフィットするのかもしれませんが、そのキャッチフレーズを聞いただけで、残念ながら見る気になれませんでした。

初回も見ておらず、このままサヨナラするつもりです。

日曜日。

日テレ系 『今日から俺は!!』

賀来賢人さんの体当たりな熱演が目を引きます。

ただ、どうも私は日テレさんのドラマとは相性が悪いらしく、第1話を見ただけで、もういいかなという気分になってます。

原作はヤンキー漫画なのですが、宮藤官九郎さんの脚色で見てみたかったかも、と思わせる第1回でした。

2回目をみた上で継続視聴するかどうか決めたいと思います。

TBS系 日曜劇場『下町ロケット』

この枠おなじみの、池井戸潤さん原作もののドラマです。

小説が原作なのに、「1話1話の中で、きちんと視聴者を感動させ、泣かせる盛り上がりシーン」を用意できるあたり、TBSさんの力の入れ具合や安定感を感じます。

イモトアヤコさんが「天才エンジニアでもあり、主人公がコンペに参加する会社の副社長」を演じていまして、登場したばかりの頃は違和感を感じましたが、第1話の中の「コンペのシーン」でグッとくる演技を見せてくれました。(ちょっともらい泣きしてしまいました。w)

そんなこんなで、これほどドラマを見たのは人生初ではありますが、秋の夜長のドラマ鑑賞も良いものだと思う今日この頃です。