ミチヨ、ハワイへ行く②〜ハワイ島に到着

いよいよ出発日当日。

僕は朝から仕事をして早めに早退し、その足で直接成田空港へ。

両親達は高速バスで実家から成田空港まで。

待ち合わせ場所の第一ターミナルに着いて周囲を見回すと、帽子とメガネにマスクをかけた完全防備の老夫婦が、悪目立ちしてベンチに座っていた。
当人達曰く、新型インフルエンザに感染しないよう対処したとのこと。

オフシーズンの平日なので、空港はガラガラ。
旅行保険に入ったり両替したりした後、スムーズに機上の人となる。

 

11/19 成田19:30発-ホノルル7時30分着予定。
今となってはなつかしのノースウエスト航空

ホノルル行きの機内にて、ミチヨは雲の上から見る夜明けの光景に感動している様子。

キレイだね~」という至って真っ当な感想に続き、「この森の広がりがスゴいわね」と喜んでいた。
 注:前回のバリ島旅行の時も、眼下に見える雲を、森の木々に積もる雪だと言い張って譲らなかった。

とりあえず、スルー。

ところが今度は
飛び立つ前からずっと見えてるんだけど、あの、手摺りみたいなのは何なの?」とのご質問。

手摺りなんて付いてたかな?と思って相手をしてやると、どうやら飛行機の翼を「手摺り」と勘違いしているらしい・・・。

そんな時、横から父が「翼だろ」とサラッと応対。
さすが長年連れ添った夫婦は違う。

そんなこんなで、しばらくの間は落ち着きのないミチヨだったが、自宅から空港までのバスの長旅疲れに加えて、夜便なこともあってか、大人しく寝てくれたので助かった。

 

飛行機は定刻通りにホノルルに到着。
入国後は国内線ターミナルまで歩き、ハワイアン航空に乗り換えてコナ空港へ。

ホノルル10:21発-コナ空港11:03

ミチヨの海外旅行 ハワイ島へ出発

初めてのハワイアン航空。
機体のデザインがいかにもハワイに来たーって感じでテンションが上がる。

フライト時間は40分程度だが、3人とも爆睡しており、気付いたらハワイ島カイルア・コナ国際空港に到着。

青い空、心地よい風、咲き乱れるブーゲンビリア、ハワイ島最高。
早速ミチヨは父に記念撮影を強要していたので、気が済むのを待って、タクシーでホテルへ移動。

ミチヨも父も、この風景には驚いたようで「違う惑星に来っちゃったみたいじゃないの!?」と大興奮。


見渡す限りの黒い溶岩大地を走ること30分、ホテルに到着。

黒砂の中に忽然と出現したオアシスといった感じ。

これも前回のバリ島で学習したことだが、ミチヨは、ででーんと広い敷地の大型ホテルが好きなようで、「こぉんな豪華なホテルに泊まれんの?」と騒ぎまくっていたが、予約したのは一番下のカテゴリーの部屋なので全然豪華ではないのだが、外見が良けりゃ全て良し、らしい。

無事チェックインも済ませ、荷解きもして、さあ少しゆっくりしますか、という流れを想定していたというのに、ミチヨは買い物がしたくて我慢できないらしい。

仕方がないので、近隣のショッピングモールへ出かけた。
そこでミチヨは早々と買い物狂と化して、ババ友へのお土産を買い漁っていた。
なんなんだろう、このパワー。

その後はホテル敷地内を散歩して、海に沈む夕陽を眺める。

こんな絵に書いたような夕陽が見られたのは、後にも先にも無いような気がする。

まずは無事にハワイ島まで来られて、こんな素晴らしい景色に出会えたことに感謝。

翌日は、キラウエア火山や海に流れ落ちる溶岩を見に行く予定。

つづく