無印良品「アクリル浄水ポットカートリッジ」難民の皆さんへ。

私は長年、無印良品さんのアクリル浄水ポットを愛用しています。こんなヤツです。↓

アクリル浄水ポット | 無印良品
カートリッジ1本で、2Lのペットボトル約100本分です。JIS指定除去12項目を取り除くことができます。取っ手がないので冷蔵庫のポケットに無駄なスペースを作らずにすっきり収納できます。持ち手は滑りにくいように、上部には持ち上げやすい指がかかるくぼみを付けました。


そして、交換式の単品カートリッジはこんな感じです。↓

アクリル浄水ポットカートリッジ | 無印良品
アクリル浄水ポット用の交換カートリッジです。JIS指定除去12項目を取り除くことができます。旧型のアクリル浄水器ポット型にはご使用できません。別売の内側タンクをお買い求め頂いて、内側タンクを交換すればお使いになれます。


で、使用中のカートリッジも間もなく交換時期を迎えてしまうため、追加で2個ぐらい購入しておこうと思っているのですが、ポット、単品カートリッジともに品切れとなっており、店頭でもネットストアでも入手困難な状態が続いています。

ネット上では「もしかして終売? 廃番?」「店員さんも、いつ入荷してくるのか分からないらしい」「無印さん、がっかりさせないでよ、何とかしてよ」という声も飛びかっていますので、自分なりにあれこれ問い合わせてみた情報をシェアしておこうと思います。
(3月末に問い合わせた結果ですので、状況が変動している可能性がありますので、念のため)

まず「良品計画お客様室」に電話で聞いてみた。

まずは、「無印良品全般について(商品・店舗等)」を担当する良品計画お客様室に電話で問い合わせてみて分かったことから。

 

まず、電話がつながるまでが大変。

  • 番号はフリーダイヤルではありましたが、「番号通知しないとつながらない」「オペレーターさん待ちの保留は2分まで。保留が2分続くと自動的に切断される」という仕様になっています。
    • 番号通知のほうはともかく、「2分待つと切られる → 再度ダイヤルする → その都度、順番待ちが最後尾に回される」というのは、ちょっと残念な感じがしました。
    • 私の場合、10回強のダイヤルでようやくつながりましたけれど、私のようにあれこれ尋ねる必要がなく、時間的にも余裕のある方々は、LINEを用いたチャットサポート問い合わせフォームを利用したほうがいいかもしれません。

ポットもカートリッジも、終売・廃盤となったわけではない。

  • 電話応対スタッフさんによると、↑こういうことだそうですから、いずれ入手できるんだとは思います。問題は、“どのくらい待つのか”ですが。

諸般の情勢や複数の理由ににより、潤沢な生産ができておらず、安定供給ができていない。

  • どのような“情勢”や“理由”によって生産が滞っているのかは、教えていただけず。

いつ安定供給できるようになるのか、メドは立っていない。

  • 品不足の明確な理由を教えていただけないので、“安定供給のメドが立たない理由”を根掘り葉掘り訊くのはやめておきました。

生産を委託しているメーカーについては、当商品に限らず非公開。

  • 「おそらく、同カテゴリの商品を手掛けているメーカーに製造委託しているのだろうから、いざとなればそちらの純正商品を直接購入することも検討せざるを得ない」と思い、委託先をうかがってみたのですが、これも教えてはもらえませんでした。

生産ペースについても、教えられない。

  • バックオーダーの量にもよるでしょうが、「日産10個なのか1000個なのか、せめてだいたいの供給体制が分かれば、再入荷までの何かしらの参考にもなるし心づもりもできる」と考えて質問してみたわけですけど、案の定「お教えできません」とのこと。

予約注文は受け付けている。ただしリアル店舗の対応のみ。どのくらい待つかは分からない。

  • 無印良品さんのネットストアでは予約注文を受け付けていないそうです。理由は教えてはもらえず。
  • ここまでずっと“実質ゼロ回答”が続いているため、私の中では既に「入荷時期を聞くだけムダだろうなw」という気分が出来上がっており、「どのくらい待つかは分からない」とのお言葉もすんなり受け止めることができました。(←いいのか、それで?)

どのリアル店舗で予約注文しても、先着順で注文を処理している。

  • 「全店舗が、同じシステムを使って注文をかけるので、『あの店舗から注文すると早く着く』というようなことはありません」とのこと。初めての“前向きなお答え”だったかと。

たくさんのお客様に使っていただきたいので、大量の注文はご遠慮いただきたい。

  • 「せめて2〜3箱程度でないと、店舗でも受け付けてもらえないと思う」ともおっしゃっていましたが、ユーザーとしては「だったら、たくさんのお客様に使っていただけるように、まとめ買いをしたいと思わなくてすむように、とっとと生産能力上げてよ」と言いたくもなるわけで。
    • あ、こう思っただけで、実際にはそのようなクレーマーめいたことは一切申し上げておりませんので、念のため。

“カートリッジの欠品・入手困難”を理由にした返品・返金には応じられない。

  • 「品質・性能など、商品そのものに問題があるわけではないので」というのが理由とのことです。
    • 本体そのものの販売量を考慮しながら「『本体を使用する上で必須の消耗品』を計画的に生産・供給していくのも“品質・性能”の一部なんじゃないのかなぁ?」とは思いましたが、応対スタッフさんに議論を吹っかけてもしょうがないので、「はぁ、そうですか。納得いきませんけど了解しました」とだけ申し上げました。
    • エプソンさん、キヤノンさん、ブラザーさんなどが、「プリンター本体の出荷・稼働台数はだいたい把握してるんだけどさ、いろんな事情があってさ、中に入れるインクトナーが全然生産できてないのよ。再供給のメドも分かんないし、どこで作ってるのかも教えられないんだよねぇ。本体を買ったばかりの人もいるだろうけど、ごめんごめん。あ、いくら品不足でも、メーカー純正以外の“互換品インクトナー”を使ったら、もうメーカー保証は効かなくなるんで、よろしく」とか言い出したら、きっと消費者は激怒すると思いますが、浄水ポットのカートリッジなら許されるのでしょうかね。。。(←もちろん、こんなことを口走ったりもしてませんのでw)

同じご説明になってしまう。これ以上ご説明できることがない。

  • ↑というようなことを言われたので、「あぁ、これはもう“早く電話を切れ。さもなければ、こちらから切るぞ”ってことなんだろう」と推察し、電話を終えました。
  • 取り立てて先方の口調が失礼だったとか、そういうことは全くないのですが、まぁ全般的には稀に見る“塩対応”だったかと思います。

無印良品の「リアル店舗」にも電話で問い合わせ。

ついでなので、都内某所のリアル店舗(念のため2店舗)の店員さんに電話で教えていただいた情報も簡潔にシェアさせていただきます。

  • 同じ問い合わせを多数もらっているが、次の入荷情報は我々にも届いていない。

  • ちなみに、当店で最後に入荷があったのは数ヶ月前

  • カートリッジの予約注文は、確かに店舗で受け付けている。電話での予約注文も可

  • ちなみに、4月5日まで「無印良品週間」実施中で、メンバーは10%オフで買い物できるが、本品の予約注文でも10%オフで対応する。(納期未定が前提ではあるが)

  • 原則は、店頭でお支払いを済ませておいてもらいたいが、「どうしても今支払えない(物がないのに支払いたくない)」ということであれば入荷時の支払いでも可。(←「それでも10%オフになる」と私は理解しましたが、ここはちょっと確証ありません)

  • カートリッジの予約注文をされてるお客さんは、ほとんどが「1〜2箱」。大量注文の場合、別部署でのご案内になるかもしれない。(←そこまでして何十個も注文するぐらいなら、他社製品に乗り換えたほうが合理的だと思います)

「他の浄水ポット製造販売メーカー」にも電話で聞いてみた。

電話の主旨は、「おたく、もしかして無印良品さんのOEM先ですか?」を聞き出すためでは当然なく、「そちらのメーカーの浄水ポットの購入を検討しているので色々教えてほしかった」というものですので、以下のまとめはそのつもりでお読み下さい。

なお、問い合わせ先のメーカーさんが作っているカートリッジの一覧はこちらです。↓

交換カートリッジ・フィルター | 家庭用浄水器の三菱ケミカル・クリンスイ通販サイト
クリンスイ製品の交換カートリッジをご紹介いたします。対応商品一覧があるので、ご自宅でお使いの製品に使用可能なものがすぐに分かります。高性能なフィルターをカートリッジタイプでご提供しておりますので、交換の手間もほとんどかかりません。当サイトから直接ご購入頂けます。
  • 浄水ポット用のカートリッジとしては、大きく分けて「15種類の除去対象物質に対応するもの」と、これに加えて「アルカリ水を作る機能がプラスされたもの」の2種類がある。当然、後者の方がお高い。

  • カートリッジの交換目安は、「1日2リットルを浄水」した場合で3ヶ月。
    • つまり、「2リットル × 30日 × 3ヶ月」で180リットル(ないし200リットル)の浄水を目安にしているとのことです。(←期せずして、無印さんとだいたい同じですね)

  • 1日の浄水量を増やせば、交換までの期間はその分短くなる。
    • 「その場合、ポットについている“カレンダーダイヤル”で交換時期を判断できなくなるので、その場合は別途お手元で記録メモを取っていただくことになりますね」とのこと。なんと丁寧な応対でしょう。

  • 逆に「1日の浄水量を減らせば交換期間を延ばせる」とは言い切れない。
    • カートリッジ内の活性炭は、浄水に使用しなくても日数とともに徐々に性能が落ちていくので、メーカーとしては“3ヶ月”を目安として案内しているんだそうです。なんと分かりやすい説明でしょう。
    • なお、同じくカートリッジ内の中空糸膜には時間経過による性能低下はないそうです。(もちろん、浄水に使用した分は別)

  • 当社の浄水ポット用カートリッジには、今のところ欠品・入手困難などの情報は入っていない
    • 「あくまでも今現在のお話にはなってしまいますが」とのことだったので、「いや、他社さんでは今すでにずーっと欠品だったりしているので、それに比べれば、現時点で普通に買えるだけで十分素晴らしいです」と、つい口に出してしまいました。w(←他社さんの名前は伏せましたが)

  • 浄水ポット用カートリッジについては、当社ではこれまで欠品という事態になったことはない。
    • これが聞きたかった!

まとめると。

無印良品さんのカートリッジ供給が安定するのを気長に待てる方は別ですが、そうでない方は、いっそのこと他メーカーさんの浄水ポット&カートリッジに乗り換えてしまってもいいのかもしれません。

そのほうが「無印良品の商品もブランドも大好きだったのに…。一気に裏切られた気分だよ…」などと憤ったり落ち込んだりせずにすみますし、何よりも精神衛生上もよろしいかと考えますので。

以上、何かのご参考になれば幸いです。

関連リンク

無印良品さんの「お問い合わせ」ページ。↓

お問い合わせ | 無印良品

三菱ケミカル・クリンスイさんが販売する「クリンスイ」公式通販サイト。↓

【公式】家庭用浄水器の三菱ケミカル・クリンスイ通販サイト |
新商品・キャンペーンのお知らせやニュース等、三菱ケミカル・クリンスイの企業情報を提供する公式企業サイトです。