クラウド会計ソフト

スポンサーリンク
Tax return/確定申告

税理士に叱られる

昨年の「人生初の青色申告」に際しては、東京商工会議所・某支部での「税理士さんの無料相談」を活用させていただきました。 で、先月末。今回の申告内容の一部に「昨年分にはなかった新要素」などが含まれていることもあって、こういう書き方でいいのか、...
初の青色申告〜part9:クラウド会計ソフトから申告データ送信完了 Retire/早期リタイア記録

初の青色申告〜part10:「第三者作成書類の添付省略」で悪戦苦闘【完結編】

そもそも 電子申告が終了して、関連する書類やメールなどを整理していた時に、東京商工会議所の「無料税理士相談」で受けた、以下のアドバイスを思い出しました。 電子申告の場合、第三者作成書類の添付が省略できますが、クラウド会...
初の青色申告〜part9:クラウド会計ソフトから申告データ送信完了 Retire/早期リタイア記録

初の青色申告〜part9:クラウド会計ソフトから申告データ送信完了

クラウド会計ソフトからの電子申告とは 通常、電子申告と言えば、国(国税庁)が提供する「e-tax」を指します。これにより、マイナンバーカードやICカードリーダーを用意し、パソコンから申告に必要なデータを入力し、そのデータを電...
初の青色申告〜part8:Googleアドセンスからの支払い処理について Retire/早期リタイア記録

初の青色申告〜part8:Googleアドセンスからの支払い処理について

Googleアドセンスのそもそもの仕組み 「事前に手続きをして、ブログに設定を施すと、ブログ内にGoogleさんから広告が配信され、閲覧した方々がそこをクリックするとブログ運営者に報酬(広告収入)が支払われる」というのが、大...
Retire/早期リタイア記録

初の青色申告〜part7:クラウド会計ソフトのクレジット明細自動取り込みについて

そもそもの機能 クラウド会計ソフトを使うと、事業用として連携登録しておいた銀行口座やクレジットカード上で取引が発生した時に、その日付や金額、取引先などの利用明細を自動で取得し、過去データからAIを使って勘定科目などを推測し、...
Retire/早期リタイア記録

初の青色申告〜part6:商工会議所での税務無料相談について

おさらい クラウド会計ソフト「Freee」を使うことで、申告書類があらかた出来上がってきました。言うまでもなく、Freeeを使えば、申告書を手書きする必要はありません。よって、経費にできる領収書があとから見つかった場合でも、...
Retire/早期リタイア記録

初の青色申告〜part5:貸付物件の修繕積立金・管理費について

基本ルール 「不動産の貸付物件用に支払っている修繕積立金や管理費は、経費計上できる」ということなので、青色申告に含めることにします。 証憑書類の準備 修繕積立金・管理費については、マンションの管理組合に毎...
Retire/早期リタイア記録

初の青色申告〜part4:株式配当について

(注)投資関連の申告まわりは、私にとって最も難解な申告書類作成作業であり、記述内に事実誤認を含んでいる可能性もありますので、ご注意ください。 基本ルール 「株式投資で利益が出たら、確定申告が必要です」という大原則があり...
Retire/早期リタイア記録

初の青色申告〜part2:家賃収入の整理・確認

資産をただ取り崩すだけでなく、蓄えたお金に少しは働いてもらおうと始めた「ワンルームマンション投資」。今のところ入居者さんからの家賃もキチンと入金いただいており、一方で修繕積立金・管理費、さらには不動産管理会社さんの集金代行費用などもしっか...
初の青色申告〜part1:ICカードリーダーを入手 Retire/早期リタイア記録

初の青色申告〜part1:ICカードリーダーを入手

これまでにも何回か「個人事業主になった2018年分(平成30年分)から青色申告をするつもり」であることを書いてきました。   そして、ついに年も改まりました。クラウド会計ソフト『freee』上で1年間にわたって...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました