数年おきの定期イベントを忘れないためのカレンダーアプリの工夫

早期退職すると、日ごろ関わる人間は限定されてきますので、良くも悪くも対面形式で人から刺激を得る量が減ってきます。

これは脳への刺激という意味では決して好ましいことではないかもしれません。

低刺激 → 脳の不活性化 → 記憶力の低下物忘れの増加

ただでさえ50歳を過ぎているわけですから、今後多発するであろう「もの忘れ」に対して何らかの備えが必要になってくるわけです。

 

そんな時に重宝するのが、スマホカレンダーアプリです。

私の場合、単発で発生する近々の行動予定だけでなく、「毎週1回行なう家事」「月1回の資産状況チェック」「隔月の散髪」「半年に1回の歯石クリーニング」「年1回の健康診断予約」など、さまざまな間隔で定期的に実施すべきイベントを、極力カレンダーアプリに入力するようにしています。

 

で、つい先日、私の記憶から完璧に抜け落ちていた「3年に1回のエアコン脱臭フィルターの交換(買い換え)」を、iPhoneカレンダーアプリが通知してきました。

もちろん、3年前に自分自身で入力しておいた定期イベントではありますが、3年ぶりにiPhoneの待ち受け画面にポンと表示されると、さすがに一瞬「えっ、何だっけ?」となったりするわけです。

逆に言えば、脱臭能力のなくなったフィルターを無自覚にダラダラと使い続けてしまう事態を防げたのですから、「定期イベントの入力・通知」は非常にありがたい機能だと改めて痛感した次第です。

 

 

カレンダーが通知してきた「3年ぶりの定期イベント」を再現した画面が下記です。

3年ごとに予定が繰り返され、フィルターの調達手間を想定して予定日の1週間前に通知が届く」ように設定されています。しかもメモ欄にはフィルターやエアコン本体の型番まで入力する念の入れよう。3年前の自分に感謝するほかありません。

 

定期イベントの設定は簡単です。

イベントの入力・編集画面にある「繰り返し」「繰り返しの終了」「通知」の3カ所を調整してあげるだけで設定できます。

この画面では、既に3カ所とも設定済みになっています。「繰り返し:カスタム」はこの後お伝えします。「繰り返しの終了:しない」によって、3年おきにずっとカレンダーに表示され続けますし、「通知」も既に「1週間前」になっているのが分かります。

 

で、「繰り返し」の設定画面がこちら。

カスタム」と表示されている部分をタップして詳細を指定します。

設定後の画面なので、「3年ごとにあるイベントです」と既に表示されています。

 

「カスタム」をタップすると、「繰り返しの詳細条件」を指定する以下の画面に進みます。

繰り返しの単位」は「毎年(年単位で指定するという意味)」にします。

その上で「繰り返しの頻度」をタップすると“数字のドラム”が出てきますので、それを回転させて「3年」を選択します。

指をスリスリする勢いに合わせて、年数を指定するドラムの回転スピードも変わってきます。希望の年数を選び、もう一度「繰り返しの頻度」をタップすると年数が確定します。

 

これで「繰り返しの単位は毎年、頻度は3年」が設定できました。

ここまでできたら、左上の「<繰り返し」という赤文字部分をタップして1画面前に戻りましょう。

 

以上で定期イベントの設定は終了です。

URLを入力しておくと、いざという時の問い合わせにも便利ですし、フィルターやエアコン本体の型番もメモ入力しておくと、買い間違えも防げることでしょう。

 

 

この機能を使えば、シンプルな「毎月」とか「毎年」以外にも「隔年」とか「3年ごと」のような長期スパンでの繰り返し設定ができることが分かりました。

 

ただ、エアコンフィルターは「3年おき」でしたが、オリンピックは「4年おき」です。

国勢調査は「5年おき」に実施されますし、伊勢神宮の式年遷宮にいたっては「20年おき」というスパンになっていますから、それらの定期イベント関係者にとっては、iPhoneのカレンダーがどのくらい長期の年数指定ができるのかは、大変気になる問題だと思われます。

 

ということで、実験してみました。

実験方法は、先ほどの「年数指定ドラム」を指でひたすらスリスリして回していくという、いたってシンプルなものです。

 

ためしに、まず「100年」から。

余裕で対応していました。

伊勢神宮の神主さんたちも、これで安心です。

 

次は、倍の「200年」。

これも何の問題もありません。

200年ごとの定期イベント」って、なんかありますかね…。

 

続いて一気に「500年」に飛びましたが、数字のドラムにはまだまだ先が用意されているようです。

ここまでくると、スリスリする指もさすがに疲れてきました。

 

で、ついに最長年数を発見しました。

予定の繰り返し間隔は、最長で「999年ごと」でした。

どんだけ〜。。。

 

 

ということで、現・人類の一個人が使う上では、何の支障もなさそうです。

(「異星人の「◯回忌法要」にも足りる年数なのかどうかは、定かではありませんが)